2018年10月30日

epic45@The Old Hairdresser's, Glasgow

 
7年ぶりのepic45!
9曲50分程度の時間だったけど、スコットランドまで追いかけてきて体感することのできた彼らの音楽は以前と変わらず最高に美しかった。
願わくば、単独でフルのLIVEを聴けることを祈って。
 
○会場
Glasgowの街中のいたって普通なpub。その2階にLIVEスペースがあった。当然音響設備はおざなりだし、最後まで客は25人くらいとこれまでのLIVE参戦で1番こじんまりしていた。
メニューはドリンクオンリーなので、20時の前座が始まるまではビールを飲みながら時間が過ぎるのを待つ。見回してみると、同じようにLIVEまで手持ち無沙汰にしてる人がチラホラ。cafeみたいに使ってる人もいて、居心地も悪くなかった。
 
○演出
前座2組は至ってアコースティック。2組目のRichard Youngsはリリースパーティみたいなことを言ってた割に、途中客とのやり取りをしてからは、アカペラで歌いだしたり(しかも客にバックコーラスさせて)、ステップ踏んだり(地団駄にしか見えなかったけれど)、自分のでもないドラムを適当にいじったりと、次に何をしでかすか分からないハラハラ感満載だった。英語力が及ばず理解できなかったのだけれど、ご立腹だったのかしら?
ちょっと後味悪い前座に続き、21:40からお待ちかねのepic45が登場。2人とサポートのELの組み合わせは一緒で安心した。
新譜からとお馴染みの曲を交互に計9曲を披露。新譜『Through broken summer』からの4曲は生のバンド演奏で音に厚みが増してCD音源よりずっと聞き応えあったからもっと聞いてみたかったけれど、新譜以外の曲の方が客から歓声上がってた。「England fallen over」はLIVEで聞くのは初めてかな。「Ghosts on tape」は前回のAntwerpでも聴けたはずだけど、メランコリックな雰囲気が好きな曲。
そしてラストの「I’m getting too young for this」でイントロ始まった瞬間の鳥肌!この高揚感があるから、長旅の疲れだって何のそのだし、また次も!ってモチベーションになる。「The future is blinding」とか「The stars in spring」とかキラキラした曲もまた聴きたいな。
 
その他雑感。
・この内容で5£はわざわざ日本から聞きにきてる自分からしたら信じられない値段なのだけど、それでも駅前の即興演奏の方がよっぽど集客できてる状況がとても残念だ。ましてや、彼らの本国なのに。彼らの音楽をもっとたくさんの人に知ってもらえたら、もっとLIVEの機会が増えるのに。
posted by chinon at 23:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜@三重鈴鹿市民会館

181013toyota.jpg
 
チーム8のコンサートは半年ぶり。超地元すぎて何だか不思議な感覚だった。
 
○会場
お隣鈴鹿市の市民会館。何度ともなく目の前を通り過ぎたことはあれど、現場参戦は初めて。
春のガイシコンはお出迎えにお見送りと手厚い対応だったので今回も色々期待してたが、入場はスタッフ手渡しのポストカードのみで拍子抜け。
難波枠で当たった手前文句も言えないけれど、メンバーそこまで近くに来てくれる訳でもなければボールもキャッチの可能性の芽すらなく、寂しい限りだった。
 
○メンバー
横道の復活戦。自己紹介あるまでの数曲は、正直どこにいるのか分からないくらい雰囲気変わってしまってた。初めて見たときはステージ上で踊り狂ってるって表現が適切な感じ。その時に比べるとずっと大人っぽくなってたけど、ブランクを感じさせないキレのあるダンスは相変わらず健在で、以前よりも心なしか魅せることを意識してるようにも感じた。
地元三重代表の野田陽菜乃ちゃんが凱旋公演ということでセンターやってる曲も多かったけど、自信ないのが表情に出ちゃってて余裕なさ過ぎて可哀想に想えるくらい。まだまだ練習が必要だな。。
前回のガイシコンで覚えたはっつーは相変わらずダンスの振りが大きく、頭数曲で早々に汗だくで前髪がなくなっちゃうくらいの全力投球が爽快だった。夜公演まで体力持ったのかな…?
 
○セトリ
横道のタップダンスからイントロに続き、センターで踊る「River」が1番の見所だった。
「蜂の巣ダンス」のセンターも復帰戦として用意された舞台を十分にパフォーマンスしきっていたから、これからの活動再開後の横道と横ゆいのバトルが楽しみになった。
第六感なんて栄のコンサートでも滅多に聞けないレア曲なもんで身構えて見てたら、振り付けが違っててオイオイってなった。後からmcでいくみんオリジナル振り付けだって。
 
その他雑感。
・お見送り今回も光速でメンバーにマトモに声も掛けられず。無表情の長さん美しすぎる。
posted by chinon at 16:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

SKE48リクエストアワーセットリストベスト100 2018〜メンバーの数だけ神曲はある〜@センチュリーホー名古屋国際会議場センチュリーホール

2日目。
 
○会場
昼はまたも2階席、夜公演はようやく1階に降りてこられたけど、ほぼ最奥地だったし、時間切れでメンバー客席に来れず。。
 
○セトリ
昼公演の「僕は知っている」、センターの真木子が歌い出した瞬間がハイライト。鳥肌立ったし、昨日もそうだけどやっぱり好きだわって思わせてくれた。
夜は3位の赤ピン。浮かび上がる黒いシルエットが彼女と分かるや、会場中の珠理奈コールでセンチュリーホール全体が震えていた。やっぱり珠理奈はSKEだし、SKEもまた珠理奈なんだと再認識させるに十分すぎる、大きな存在。
そして「ここで一発」の1位。昨日の卒業発表から一夜明けての1位なんて、これ以上のタイミングはないでしょ。推しでなくても半分泣いてた。
 
○総括
2日間のリクアワを終えての感想。
昔の曲はオリメンのエピソードだったり、過去のコンサートのイメージが強すぎて、代わりに歌ってるメンバーに対して新たな感情が湧いてこなかった。羽豆岬なんて特にそうだし、アンコール明けで聞けたロープの友情だって、当時の公演メンバーが目に浮かんで来ては消えの繰り返し。
かと言って、ここ2、3年の曲も聞き込んでないから思い入れがない訳で。結局のところ、久しぶりなリクアワをどう楽しむかということを模索しながらの2日間だった。
結論。ひな壇でわちゃわちゃしてるメンバーを眺めることが1番楽しいのね。
posted by chinon at 22:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

SKE48リクエストアワーセットリストベスト100 2018〜メンバーの数だけ神曲はある〜@センチュリーホー名古屋国際会議場センチュリーホール

1日目。
3年ぶりのリクアワを開催してくれたことに、まずは感謝。
 
○会場
昼は2階席、夜は3階席。
肉眼でギリギリ見える距離だったけれど、ファンサは完全に外野。上の階にもメンバー来てくれれば、もっと盛り上がったのにな。
 
○メンバー
真木子がいつも以上にダンス気合い入ってたように見えた。特に「コスモスの記憶」なんて、こんなバキバキに踊る曲だっけ?ってくらい華麗にセンターで舞っている姿を見て、ずっと昔の研究生時代のが重なって見えた気がした。
これまた久しぶりに見たGDで目一杯叫ばさせていただきました。バックダンサーのゆななが色んな意味で最強。
昼公演最後の締めも、噛まずにあれだけの長さのセリフを完璧に言い切れるなんて、今更ながらだけど、キャプテンらしくなったなあなんて感慨深かった。
 
○演出
リクアワはメンバーの着替えタイムでMCが増えちゃうのは仕方ないとして、以前だったらダラダラつまらないトークを聞かされて閉口していた記憶しかないけれど、今回は昼も夜も企画をキチンと準備して飽きさせない工夫が好印象だった。相変わらず、アイドルらしからぬ下品なネタ満載なのだけど、生でかおたんの尻バットにもがくメンバー観ただけでも来た甲斐あった(?)。
 
その他雑感。
・平田のしーなちゃんのなん銀とポジティブシンキングの衣装が似合いすぎてた。ということで、撮って出し写真を購入。
・かおたんがついに卒業発表。去年くらいから辞めるオーラプンプンさせてたから、推してる人もそうでない人も心の準備は出来てたのだろうけど、いざ実感が沸くと寂しくなるなあ。
posted by chinon at 22:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018@ナゴヤドーム

 
ナゴド2DAYS2日目。
45分遅刻の途中参加でテンションを上げるのに苦労したけれど、やっぱり参戦しておいてよかった。
 
○会場
3塁側になった以外は昨日とほぼ同じポジション。天空席に飛ばされなかっただけマシか。
ギリギリレス乞食出来るレベルだったけど、今回も未央奈のレスはお預け。乃木坂でレス貰える日は果たして来るのか。。
インフルエンサーやマネキンのレーザービームを使用した光の演出は、他の会場よりも洗練されてて、噴水とかよりもLIVEでも円盤化されても映えるはず。
 
○セトリ
ジコチュー企画の1曲目を遅刻で聞き逃し、2曲目のあら語から参戦。テンションMAXの会場の雰囲気に完全に飲み込まれて経つこと数曲。今日になってOvertureの偉大さを痛感した。
なーちゃんと与田ちゃんの絡みは尊すぎ。この2人がケラケラ笑って戯れてるだけで、なんて平和なんだろう。
新譜のカップリングははっきり言ってLIVEで盛り上がれる曲じゃない。「三角の空き地」はビビッドカラーのスカートが可愛い衣装なのに、かなりんのダンスがくねくね艶っぽくて、そのギャップが滑稽だった。
 
○総論
これで夏予定していた現場参戦予定は全て消化、これで楽しかった夏も終わったって感じ。
全国ツアー各会場廻るのも、ジコチュー企画で毎回セトリを変えてくれたおかげで退屈せずに各会場楽しめた。LIVEついでの遠征は楽しいね!finalの宮城で東京の会場サプライズ発表でもあるんかな。
それにしても、特にナゴド2Daysをこれだけ埋めちゃうんだから、今本当に乃木バブル。これからの展開が読めない。
 
その他雑感。
・昨日に続きアンコールでザンビの予告。昨日は舞台の話だったから、今日は映画かドラマかどっちかの話でもしてくれるんかと思いきや、昨日と全く一緒。MCでも完全スルーだったし、会場でも静まり返ってたから、この演出は完全に失敗。
posted by chinon at 23:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018@ナゴヤドーム

 
ナゴドは6月総選挙以来2度目。
セトリも前回からちょいちょい入れ替わり、生ちゃんもようやく合流、箱で楽しめる良いLIVEだった。
 
○会場
一塁側、バックステージから至近距離。
これまでの会場に比べて快適度がすごく高かった。1つは空調。ヤフオクは蒸し風呂状態だったし、屋外の神宮も長居も湿度が高くてかなりしんどかったが、今日は外出てからの方が過ごしにくいと感じたくらい。
2つ目は音響。最近の乃木坂大箱にありがちの音響起因の不快感なんてまるでなかったし、重低音が床から突き上げてくる感覚がLIVE感を増長させるものになってて素晴らしいの一言。
 
○セトリ
統一サイのシンクロ率が他会場と雲泥の差だった。名古屋ヲタ訓練されすぎ!ハルジオンなんて誰が言うまでもなく黄色アリーナと白スタンドにスパッと別れてたのには感動すら覚えたし、コウモリや逃げ水、風船でも徐々に伝播してく様子を見て私も必死に食いついていくのが精一杯。これは栄からの流れ者の影響なのだろうか。
今日の優勝は「何もできずにそばにいる」。イントロが流れた瞬間の高まり。地味だけど神曲。
 
○メンバー
なんといっても生ちゃん!久しぶりに生の生ちゃん拝めて、彼女がいない乃木坂なんて。「ダンケシェーン」のラーララはやっぱり生ちゃんじゃないと!
「欲望のリインカネーション」はまっちゅんプロデュース。歌い始めのまっちゅんの声でいきなり吹き出しそうになった。
未央奈の乃木恋告白シーンなんかされたら、思わずグヘって気持ち悪い声が出た。
 
その他雑感。
・開演前の雄叫び、自分の周りには俺の嫁かましてる輩はいなくて、今日は安心安全だと胸を撫で下ろしていたら、どこかしこから「ヤッホー!!」、って登頂気分なのか?
・宮城公演は流石にパスだけど、久保ちゃんが地元で元気に復帰してくれることが全国ツアー最大で最高のサプライズ。
posted by chinon at 22:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

SKE48 team S『重ねた足跡』公演(7月8月お客様生誕月公演)

 
久方ぶりの最前席。2時間どっと疲れた笑
 
○セトリ
足跡公演は一年以上間が空いていた。前回はゆめち卒公。あの時の熱さとは比べるべくもないし、メンバーもかなり若手中心になっちゃったけれど、ひさしぶりに見たメンバーのパフォーマンスが上がっているのを見て、成長が眩しく感じた。
 
○メンバー
3巡目。迷いつつも上手端ながら最前を確保。
みよまるが爆レスしてくるは、みぃぽぽさんがマイク向けて来るはと、序盤からHPを削られた。センターはまんまるくりくりお目めのおるー「がんばるばい」。
ぴよすまぢでイイ奴。しーなちゃんのポジチェン助けたり、誰かがステージに落としたアクセさり気なく拾ったり。なのにお見送りであの態度。昔E逆上がり通い詰めた頃と全然変わってなかった苦笑
 
ところで今回自分が振ってたサイは平田しーなちゃん。え?
今日が初のSアンダーということで、流石にレスしてる余裕なかったみたい。終盤はかなり疲れが顔に出ちゃってて心配になったけど、アンコール明けは爽々とした表情になってたし、終演後にはちゃんと手振ってくれてたから、控えめに言って最高。
後先考えずノリでしーなちゃんサイにしてしまったのだが、この先のE公演どうしたもんか、、、考えるだけでゾッとする。
 
その後雑感。
・直筆メセカはおるーのカードを貰いました。大切にしよう。
・最前の上手からお見送りなのね〜先頭で見送られる緊張感で、言いたいこと半分くらいしか声掛けれなかった。まだまだ修業が必要ですな。
posted by chinon at 21:48| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

SKE48美浜海遊祭@美浜町小野浦海水浴場前特設ステージ

毎年恒例の美浜海遊祭。
睡眠不足と坂上がり中ってことに加えて、ここ何年か美浜で良い思い出の記憶がなくて、行く前はモチベーションだだ下がりだったのに、帰るときにはやっぱり栄最高!って手のひら返してるこれぞ美浜マジック。
 
○会場
赤スタンプだし、睡眠不足だしで、現地到着はまったり4時過ぎ。去年よりも全体的にヲタの元気がない。皆んな始まる前から熱中症気味?救急車も何度か見かけたけど、命賭けてまで良席を確保する気にもなれず。。。
結局のところ、席運恵まれて今までで1番見やすい位置を確保。メインも視界良好だし、バクステにもほど近くて、時折くるメンバーに沸けるくらい。去年はこれがなかった!苦笑
でもやっぱり、前方で水鉄砲食らって喜んでるヲタが羨ましいのう。
来場者数公式で4300人。これ本当に有料にすべきだと思う。今日のクオリティなら、普通の大箱コンより高い値段払ってでも見たいわ。
 
○セトリ
セトリも最近の栄コンには比べ物にならないくらい盛り上がってた。ここ最近チーム曲が続いてもチームカラーにならないことの方が多かったけれど、今日は何だかしっかり統一されてて、少し前の公演曲ということも相まって妙に懐かしさを感じてしまった。
ユニットブロックは谷とみなるん、由麻奈とぴよすって続けて濃いコンビが続いて、えらい攻めた人選だな〜と感心してたが、流れ星の終盤でようやく期別だと認識。3期も4期も5期も皆んな2人ずつになっちゃったなんて感傷に浸りつつも、泣かずに済んだのは、流れ星に狼と笑わせに来てるとしか思えん曲選。狼でかおたんが振り返った時のヲタのリアクションが今日イチの見せ場だった笑
それにしても、最近CD買ってないから、知らない曲増えちゃったな。中盤で真木子も歌ってた「大人の世界」なんて、ここ数年のうちで栄の曲としては最高の出来なんでは?現場で聞いて初耳なのに鳥肌立った。
 
その他雑感。
・最後のバクステ挨拶でまきみこに出席確認して貰えた。そろそろ公演見に行こうかな。
posted by chinon at 21:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

乃木坂46 真夏の全国ツアー2018@ヤンマースタジアム長居

IMG_6043.jpg
 
全国ツアー2箇所目の大阪。
 
○会場
灼熱の下でのスタンド観戦。西日が差すアリーナや反対側スタンドをよそに、日陰でまったりできるかと思いきや、ほぼ風がなくて最後まで蒸し暑くてかなり過酷だった。
音響もイマイチ。スピーカー目の前の席だったから嫌な予感がするも、相当な指向性があるのか始まってみたら目の前からは全く音が伝わって来ない。そのせいで、バクステの方が近い位置なのにメインステージ脇のスピーカーを頼りにするも、馬力が足りない。。
屋外会場ならではの演出で、水噴射が多用されていた。特に、インフルエンサーは炎と水を上手く使って、側から見てる分には効果的だったけど、アリーナ席は相当濡れてただろうな。。。
 
○セトリ
メンバープロデュースは今回もレアで最高。蓮加センターの「その先の出口」はオリジナルの衣装で現場で初めて聞けて今日イチ高まったし、スイカの「白米様」もコールが難しくてついて行けなかったけれど、衣装がまんまスイカで可愛かった。「音が出ないギター」ではまたも昔のLIVE映像がバックに流れて、万理華がまたもや降臨してた。もう狙ってるとしか。
ほぼ満点のセトリなんだけど、制服の入りがやっぱり物足りない。ダンスナンバーで溜めてからあのイントロでドカーン!って流れがやっぱり欲しい。
 
○メンバー
「ていっ!」って掛け声とともにウインクする優里さんかわいすぎ。
最後のジコチュー行く前のMCは前回に続き飛鳥ちゃんの独壇場。20歳になったからと意を決してまいやん呑みに誘うあたりのくだりなんて、あまりに尊すぎて思い出すだけでご飯3杯は軽くイケるくらい、乃木ヲタには感慨深くもあるご褒美だった。
アンコールの「ダンケシェーン」でラスト歌ってたまっちゅんが終わってからの「ごめんなさゆりーん」、悪くなかったようんうん。
 
その他雑感。
・周りの席に初心者を誘ってきてると思しき2人組みがチラホラ。コアなヲタばかりじゃなく、一般層にまで裾野を広げていっている辺りに、ブームというか勢いというか、かなり埋まっている長居を見渡しながら感じた。
・ラストの全照明落とした状態の辺り一面紫サイの海は本当に綺麗だった。次のナゴドも楽しみで仕方ないし、もっと大きな箱でもこの海を見たい。きっと見れる気がする。
・いくちゃんの歌がそろそろ恋しい。名古屋は出てくれるんだっけな?
posted by chinon at 21:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

AKB48『アイドル修行中』公演(7月度お客様生誕祭)

2回目の修業。
中盤で急激に眠気が踊ってきて、完全に集中力が切れた。たぶん、劇的につまらないMCのせい。
 
○劇場
遠方枠当選は記憶ないから相当久しぶり。勝手を分からずに自宅宛の郵便物を忘れるという失態。幸い、たまたまキャリーケースに入ってた会社宛の郵便物で代用できたし、それも消印1ヶ月以上前だけど見てなかったから、身分証ほど厳しくない模様。
遠方枠の恩恵で6列目ながら中央の席を確保。最近上手ばっかりだったし、ビンゴなしで全体見渡せる位置は非常にありがたい。
 
○メンバー
劇場で見る「River」が大好き。ただし、まだまだ周りとダンス合わせるって状況にはないみたいで、各々が自分なりの解釈でアレンジを加えたパフォーマンスをしてる感じが何とも微笑ましくもあり、物足りなさもあり。
そんな顔ぶれの中でも、やっぱり目が行くのは叶ちゃん。ドヤ顔で踊ってるかと思えば、客席にウインクしたり、大人びた雰囲気醸し出したりと、コロコロ変わる表情が16人の中では頭一つも2つも抜け出てる。遠くない未来に人気出るよね、この子。
 
その他雑感。
・帰りがけに貰った直筆メッセージカードはくるるんこと鈴木くるみちゃん。ザ・アイドルって感じのルックスなのに、笑顔が少なくてセンターなのにキラキラオーラがなかった。せっかくのポジなんだから、今のうちにチャンスをモノにして欲しい!
posted by chinon at 22:50| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする