2016年08月28日

NMB48 team M『RESET』公演(中野麗来生誕祭)

160828reina.JPG
 
今年初のチームM、RESET公演。
難波の推しメンれいちぇるも生誕で直接お祝いできる〜♪なんて軽い気持ちで遠征したら、大ヤケド。
これまで数多参戦した公演の中でも、内容的なヘビー具合はこあみ卒業発表と肩を並べるほどか。
 
えっ??
ステージに出てきたれいちぇるを見て、あまりの変貌っぷりに驚きを隠せなかった。
MCでその件について弄られるわけでもなく、パフォもだいぶ緩くなってて、少し期待を裏切られた気分でセレモニーまで。
そして、母親の手紙で明かされる事実。ハイ、れいちぇるが休養してたことを私全く知りませんでした。当然ながら、辞める辞めないの議論が出るほどまでに彼女が悩み苦しんでいたなんて知る由もなく。。
 
最後に辞めませんとキッパリ表明してくれた言葉には、力強さも感じられて少し安心したけれど、まだまだ悩み葛藤していることも伺わせる内容だった。いつもギャガーだからという理由で一発ギャグ振られつつもそれに応じてきたシーンを何度となく目にしてきたけれど、彼女がそれほどまでに思い詰めているなんて露ほども知らなかった。
彼女のこれからのことは彼女自身が決めないといけない。推してるヲタは握手会なりSNSなり何なりで支えてあげればいい。それ以外の自分のようなヲタ衆ができることといえば、見守ることとコールすることだけだ。
 
その他雑感
・酔っ払いのチンピラ並みにタチ悪い百花がぶっ飛びすぎてて、周りのメンバーも相当困惑してた。ヲタに怒鳴り散らすわ、ドラ2で昨日昇格したばかりの堀ちゃんにちょっかい出すわ、挙句にう○ち連呼するわと、他人の生誕祭で有るまじき暴れっぷりに客席もドン引き。公演後にこってり怒られてるだろうな。。
・チームMもRESET相当長いよね。48で1番と言えるくらい好きなセットリストではあるけれど、流石にそろそろマンネリ気味。
posted by chinon at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

さくらシンデレラ@Zepp Nagoya(夜公演)

仕事のキリがつかず大遅刻。途中参戦でノリつかめずじまいだったけど、いつもの48系とは違う現場の雰囲気もたまにはいいよね?
メンバー全然覚えられないんだが、ライトにフォローしてく分には楽しそうな印象。名駅のアイステ今度誰か誘って行ってみようかしら。
 
○会場
何度も足を運んだZEPPのはずなのに、ホールの扉を開けてビックリ。後ろ半分閉鎖しとるやん!当然2階も人影なし。
客の入りは300人くらい?思っていたよりは入っていたかな。
客はというと熱心なヲタは前方に、遅れて入った自分のいる後方はライト層と棲みわけされていた。MCもろくに聞いてないし、途中で何度も外に出て行ったり、LIVEへの集中に欠けたピンチケ風が周囲に多かったせいか、コールもほとんどなくて寂しい限り。まあ確かに客もグダるMCの要領の悪さだったのだが。。
 
○演出
曲は初めて聞くものも多かったけど、どれもキャッチーで昔の本店の雰囲気があって、懐古厨には今の48よりも良いのかも。ただし、衣装はシンプルであまりコストかけてない印象。
 
後半で音響トラブル発生。も、生歌で歌い踊り続けるメンバーの姿に思わず胸が熱くなった。あんまりメンバー慌ててなかったけど、この類のアクシデント慣れてるのかな?途中で曲出しからやり直したのはいただけなかったけれど、生歌でもしっかり踊れてるところは好感度めっちゃ上がった。少なくとも、歌やパフォーマンスについてはAKB以上だった。
 
最後にサプライズ発表。来年中野サンプラザにZEPP再演と背伸びしすぎな会場でLIVEだとか。今日の客入りを見る限り、正直まだまだ身の丈にあってない。こういう特報はコンサートでやると普通ドッカーンと盛り上がるんだけど、VTRの出し方に内容自体の演出が致命的に屑で、既に会場を後にしてるヲタ多数だった苦笑
もひとつサプライズ、名古屋と新宿、大阪にアイドルステージを擁しながら、秋葉原に専用劇場?今のアイドル厳しいご時世でどんどん拡大路線走るさくシンの行く末や如何に。
 
その他雑感
・笹島に向かう途中、衣装姿のメンバー3人と遭遇。夜の部出れない研究生かな?にしても、公衆を衣装着て歩いて帰るってなんて放置プレー?48ではありえない待遇に、思わず吹き出してしまったし、せっかくいるメンバーを晴れのZEPPの舞台に立たせてあげないなんて鬼畜運営としか。
posted by chinon at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

SKE48 teamS『重ねた足跡』公演

S新公演初参戦。
ゆめち推しにとって最高の2時間だった。
 
〇セットリスト
DMMで予習してから臨んだものの、生で聴くのは初めての曲もチラホラ。全体的にはチームSの全国ツアー劇場版というところか。大味すぎてお腹いっぱいだし、何回も繰り返し見たくなるような要素を見出せずに終ってしまった。1番の原因は手つなにinnocenceや眼差しとかの既存の公演曲。オリジナルの公演での流れが完全に脳みそに染み込んでしまっている分、どうしても違和感が拭えなかった。こればっかりは、何度も聞き返せば解消され得る問題でもないので。
 
中盤のダンスメドレーもいただけない。もう少し曲数絞ってワンハーフくらいにした方が後の印象が全然違う。今のメドレーじゃ流れ完全に無視すぎて、せっかくのダンスで魅せる要素も霞んでしまってた。
 
〇メンバー
キャン待ち最後方で視界はすこぶる不良だったが、立ち見に白橙の同志が多かったような気がした。やっぱり、ゆめちに流れが来てるんだろうか。センターで踊ってるゆめちは、憑き物も取れたような迷いのない表情で堂々と立派にポジをこなしていた。
ダンスで1番目を引くのは杏実だった。以前だとゆめちとか樹奈ちゃんのパフォーマンスが目に飛び込んで来たのだけど、その2人がしゃかりきではなくなったことに加え(決して手を抜いているというわけではなくて、それも1つの成長の証)、綺麗に魅せるスキルは依然として健在だったし、スタイルも良いから目立つ目立つ。卒業までパフォーマンス観れるのも最後かな?
 
その他雑感
・撮って出し写真の購入が以前に比べて格段にスムーズになっていた。以前だとキャン待ちの場合は公演と写真待ちで計3時間立ち続ける羽目になってたのに、すんなり買って帰れるのは有難い。
posted by chinon at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする