2017年08月04日

『AN EVENING WITH SIGUR ROS@Zepp Namba』

大阪2日目、日本ツアー千秋楽。
完全に不完全燃焼!笑
 
◯会場
終演までいたら終電逃すと見込んで、電車ではなく車で向かったのが判断ミス。吹田でまさかの事故渋滞1時間。
Zeppに到着、洩れてくる音に二重の意味で泣きそうになりつつ、2階席に着いたまさにその瞬間、音が収まり、会場が明転してintermission。遅刻1時間で前半曲を丸々棒に振った計算か。
2階席2列目でステージまでは距離はあるけど、周りを気にせずゆっくり座って聴けたのは良かったけど、Sigur Rosの創る世界を共有するには少々不釣り合いな空間だったかな。
 
◯セットリスト
後半は「Sæglópur」「Ný Batterí」などLIVEでお馴染みの曲がオンパレード。「Glosoli」は前半で聞き逃したみたい。
ライティングの演出は去年のバンクーバーとほぼ同じ仕様。演奏に合わせて脳裏にフラッシュさせるあの空間は本当にクールだった。
最後の「Popplagid」の前にJonsiが挨拶!普通にアイスランド語だったから誰もリアクション取れてなかったけど、これだけしっかり喋るjonsiは初めてですごい違和感だった。
正味1時間、前半をスルーしたのは大きな痛手。intermissionからで世界観に入り込みきれずに終わっちゃった。
ということで、これで年末レイキャビック行く決心が固まった笑
 
その他雑感。
・「Besta Package」のサインブック、規格外サイズでベストな額縁が見当たらなくて辛い。
posted by chinon at 22:53| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする