2018年10月30日

epic45@The Old Hairdresser's, Glasgow

 
7年ぶりのepic45!
9曲50分程度の時間だったけど、スコットランドまで追いかけてきて体感することのできた彼らの音楽は以前と変わらず最高に美しかった。
願わくば、単独でフルのLIVEを聴けることを祈って。
 
○会場
Glasgowの街中のいたって普通なpub。その2階にLIVEスペースがあった。当然音響設備はおざなりだし、最後まで客は25人くらいとこれまでのLIVE参戦で1番こじんまりしていた。
メニューはドリンクオンリーなので、20時の前座が始まるまではビールを飲みながら時間が過ぎるのを待つ。見回してみると、同じようにLIVEまで手持ち無沙汰にしてる人がチラホラ。cafeみたいに使ってる人もいて、居心地も悪くなかった。
 
○演出
前座2組は至ってアコースティック。2組目のRichard Youngsはリリースパーティみたいなことを言ってた割に、途中客とのやり取りをしてからは、アカペラで歌いだしたり(しかも客にバックコーラスさせて)、ステップ踏んだり(地団駄にしか見えなかったけれど)、自分のでもないドラムを適当にいじったりと、次に何をしでかすか分からないハラハラ感満載だった。英語力が及ばず理解できなかったのだけれど、ご立腹だったのかしら?
ちょっと後味悪い前座に続き、21:40からお待ちかねのepic45が登場。2人とサポートのELの組み合わせは一緒で安心した。
新譜からとお馴染みの曲を交互に計9曲を披露。新譜『Through broken summer』からの4曲は生のバンド演奏で音に厚みが増してCD音源よりずっと聞き応えあったからもっと聞いてみたかったけれど、新譜以外の曲の方が客から歓声上がってた。「England fallen over」はLIVEで聞くのは初めてかな。「Ghosts on tape」は前回のAntwerpでも聴けたはずだけど、メランコリックな雰囲気が好きな曲。
そしてラストの「I’m getting too young for this」でイントロ始まった瞬間の鳥肌!この高揚感があるから、長旅の疲れだって何のそのだし、また次も!ってモチベーションになる。「The future is blinding」とか「The stars in spring」とかキラキラした曲もまた聴きたいな。
 
その他雑感。
・この内容で5£はわざわざ日本から聞きにきてる自分からしたら信じられない値段なのだけど、それでも駅前の即興演奏の方がよっぽど集客できてる状況がとても残念だ。ましてや、彼らの本国なのに。彼らの音楽をもっとたくさんの人に知ってもらえたら、もっとLIVEの機会が増えるのに。


posted by chinon at 23:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

65daysofstatic-Decomposition Theory@Funkhaus, Berlin

IMG_6232.JPG
 
65dosのlive参戦は2年ぶり。
前回は大阪梅田だった。
 
○会場
Berlinの郊外にあるホール。アクセス悪い上に周辺に何もなくてあまりの暗さに不安が募る。
Google MAP頼りに会場と思しき敷地に着いたものの、中も不案内で軽く迷路状態。迷いつつも何とかエントランスにたどり着いた。
ホールは100人程度とまばら。あきらかに音楽用の会場ではなく、展示会とかダンス用とか多目的ホールって感じ。
 
○演出
「Decomposition Theory」と銘打ったツアー。
予告通り既存の曲は全く披露せず、完全に新作で構成。
1曲1曲で沸かせる、という趣旨でない実験的な取り組みであることは2 曲目くらいで察したが、マーケットを意識した訳でもフロアを意識したわけでも無い、連綿と続くシーケンスがあまりに平坦すぎて脳みそが拒絶反応を起こす寸前だった。
どこが曲の終わりで始まりなのかが分からず、メリハリというものがまるでないし、どこまでも無機質なVJの嵐にその場にいるのがやっとの状態に。ベルリンまで来たのにあんまりだ。
昔みたいなエッジの効いたパワーのある65dosはまた生でお目にかかれるんだろうか。「Tiger girl」とか最高だったなあ。
 
その他雑感。
・Berlinは初観光。要所要所廻れたのとおいしい地元料理とビール飲めてオマケにLIVEまで参戦できちゃって最高。改めて友人に感謝。
posted by chinon at 23:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜@三重鈴鹿市民会館

181013toyota.jpg
 
チーム8のコンサートは半年ぶり。超地元すぎて何だか不思議な感覚だった。
 
○会場
お隣鈴鹿市の市民会館。何度ともなく目の前を通り過ぎたことはあれど、現場参戦は初めて。
春のガイシコンはお出迎えにお見送りと手厚い対応だったので今回も色々期待してたが、入場はスタッフ手渡しのポストカードのみで拍子抜け。
難波枠で当たった手前文句も言えないけれど、メンバーそこまで近くに来てくれる訳でもなければボールもキャッチの可能性の芽すらなく、寂しい限りだった。
 
○メンバー
横道の復活戦。自己紹介あるまでの数曲は、正直どこにいるのか分からないくらい雰囲気変わってしまってた。初めて見たときはステージ上で踊り狂ってるって表現が適切な感じ。その時に比べるとずっと大人っぽくなってたけど、ブランクを感じさせないキレのあるダンスは相変わらず健在で、以前よりも心なしか魅せることを意識してるようにも感じた。
地元三重代表の野田陽菜乃ちゃんが凱旋公演ということでセンターやってる曲も多かったけど、自信ないのが表情に出ちゃってて余裕なさ過ぎて可哀想に想えるくらい。まだまだ練習が必要だな。。
前回のガイシコンで覚えたはっつーは相変わらずダンスの振りが大きく、頭数曲で早々に汗だくで前髪がなくなっちゃうくらいの全力投球が爽快だった。夜公演まで体力持ったのかな…?
 
○セトリ
横道のタップダンスからイントロに続き、センターで踊る「River」が1番の見所だった。
「蜂の巣ダンス」のセンターも復帰戦として用意された舞台を十分にパフォーマンスしきっていたから、これからの活動再開後の横道と横ゆいのバトルが楽しみになった。
第六感なんて栄のコンサートでも滅多に聞けないレア曲なもんで身構えて見てたら、振り付けが違っててオイオイってなった。後からmcでいくみんオリジナル振り付けだって。
 
その他雑感。
・お見送り今回も光速でメンバーにマトモに声も掛けられず。無表情の長さん美しすぎる。
posted by chinon at 16:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。