2004年12月29日

My Charts 2004

昨日のアクセスランキングに引き続き、今年のMYベスト10曲を挙げてみたいと思います!Trance、Progressiveごちゃ混ぜ。
  1. Young Parisians feat. Ben Lost - Jump The Next Train (Probspot Remix) [LostLanguage]
  2. George Hales - Autumn Falls (Markus Schulz vs Alucard Remix) [SomaticSense]
  3. Lange feat. Kirsty Hawkshaw - Sincere For You (Thrillseekers Remix) [Lange Recordings]
  4. Oceanlab feat. Justine Suissa - Satellite (Above & Beyond Remix/Alucard's Saving Spaceghost Remix) [Anjunabeats]
  5. Above & Beyond - No One On Earth (Gabriel & Dresden Vocal Remix) [Anjunabeats]
  6. Pervading Call - Destiny (Aces Delight Instrumental Remix) [Above The Sky]
  7. Probspot - Foreplay (Original Mix) [LostLanguage]
  8. Audioholics - External Key (Original Mix) [Electronic Elements]
  9. Above & Beyond pres. Tranquility Base - Surrender (Original Mix) [Anjunabeats]
  10. Sonorous - Last Sunday (Original Mix) [Euphonic]
番外編(10位圏外だけど外せない曲たち)
  • Alucard pres. Yana Key - Eyes Of Perfect Stranger (Original Mix) [Mpfs Records]
  • Adam White & Andy Moor presents Whiteroom - The White Room (Original Mix) [Liquid Asset]
  • Sarah McLachlan - World On Fire (Junkie XL Remix) [Nettwerk]
  • Ronski Speed presents Sun Decade - Follow You (Mike Shivers Catching Sun Remix) [Euphonic]
  • Tiesto feat. Kirsty Hawkshaw - Just Be (Antillas Remix) [Nebula]
  • Matt Hardwick vs Smith & Pledger - Connected (Original Mix) [Anjunabeats]
  • Rusch & Murray - The Promise (Ronski Speed Remix) [Anjunabeats]
  • BT Feat. JC Chasez - The Force Of Gravity (Ferry Corsten Remix) [-]
Lost Language、特に下半期のProbspotの活躍が印象的でした。年末ヒットしているYoung Parisiansの新曲はKvA Remixが激プッシュされてますが、私的にはオーキーの『Creamfields』にも収録されたProbspotのRemixがオススメです。
Tranceではとにかくanjunaがアツかった!A&Bに限らず、脇を固めるほかのメンツによる曲も自分的には大当たり。来年のanjunaにも期待。
 
さて、来年は、Tranceが波に乗ってきた頃への回帰として、今年以上に昔の名曲のRemakeものが多くなりそうな気がします。「Silence2004 - Delerium」「Synaesthesia2004 - The Thrillseekers」「Blue Fear 2004 - Armin van Buuren」「The World2004 - Pulp Victim」etc...2005年モノだとさっそく「mike koglin - the silence 2005」なんかがありますね。
こういうRemakeモノってやっぱり原曲は越えられない。
 
来年も、Lost Language、Coldharbour、Gabriel & Dresden周りの音には注目していきたいですね。この手のアーティストは新星も多いので、彼らがこぞってアーティストアルバムをリリースしてきたら嬉しい悲鳴かも?
あと、個人的にはDeleriumとChicaneが今後どういう傾向になっていくのかが気になるので、そろそろ新曲(新譜)を出してほしいな、と。
 
posted by chinon at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1430171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック