2006年06月03日

『Ferry Corsten - L.E.F.』

L.E.F.
『Ferry Corsten - L.E.F.』
 
Released : 24th May 2006
Samples : avexnet.jp (Amazon.co.jp)
Recommends : ★★★★★
 
 
Ferry Corstenの本人名義では2枚目となる、待望のニューアルバム。
昨年立ち上げたレーベルFlashoverで展開しているクロスオーバーなサウンドを前作『Right Of Way』に続いて披露し、今作で一気に確立。Ferry Corsten=「ダッチトランス」(あえてここはカタカナでw)という図式は、もはや完全に昔話。
 
先行リリースされている「#3 Fire」ではDuran DuranのSimon Le Bonをvocalに迎え、ちょっと懐かしさの漂うエレクトロ、Gang StarrのGuruを招いて前作収録の「Punk」をヒップホップテイストに焼き直した「#13 Junk」など、今回も実に多彩なFerry Corstenの世界が見られます。
「FB feat. Edun - Who's Knocking? (Ferry Corsten Remix)」と瓜二つのイントロ、ほとんど同じサウンド構成の「#7 Beautiful」、『Passport Kingdom Of The Netherlands』に収録されていたバージョンと同じ2005年のニューMixの「#6 Galaxia」が、一番Tranceらしい曲でした。System F時代のTranceを期待してた人にはこの辺りがお薦め。
なお、「#12 Watch Out」が後日シングルカットされるようです(Remixの担当など詳細は不明)。
 
今回の最大の目玉は、Bonus Trackとしてヨーロッパ盤のみに収録されている「I Love You」。Officialでサンプル視聴が可能でした(現在はムリ)が、ようやく正式にリリース!
日本盤のBonus Trackは「System F - Insolation (Ferry Corsten Flashover Remix)」ということで、多少魅力的ではありますが、ヨーロッパ盤を激しく推奨。ちなみに、日本盤(Avexですが…)には他に「Fire」「L.E.F.」のPVに加え、LA・南米でのプレイの模様やSimon Le Bonとのインタビューなどを収録したDVDが付属しているようです。
posted by chinon at 22:19| Comment(0) | TrackBack(1) | CD REviews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18846930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Vol. 2: The New Reality
Excerpt: ギャングスターのMCであるグールーのソロプロジェクト、JAZZMATAZZ。この作品は、その第二段。前作が夕暮れなら、今作はネオンライト煌めく夜を想起させる雰囲気を持っています。前作の延長線上にありな..
Weblog: ヒップホップがすごくよかった
Tracked: 2008-02-06 04:04