2017年07月14日

ひめキュンフルーツ缶定期公演 尾張ナゴヤ“でらX”IDOROLL 壱の十弐

 
5月以来のひめキュン名古屋定期公演。
そして現メンバー最後の名古屋定期なんだって。
でも湿っぽい感じは終始全くなかったし、mcでも「卒業」ってワードは最後まで聞こえて来なかった。なんか本当に卒業しちゃうの?って感じ。
 
◯会場
前回と同じell.SIZE。卒業発表あったから前より埋まってるかなと思いきや、客の入りは前と同じくらい。3桁は行ってなさそうだった。これから沢山全国ツアー回るみたいだけど、興行的に採算取れるのかな…?
 
◯セットリスト
ひめキュンのLIVEはこれで3回目だけど、LIVEのたびにまだまだ知らないいい曲を発見できて好きになる。持ち曲も多いし(カバーもあるけど)、パフォーマンスもカッコいいって、どんだけ奥行きあるのこの子たち!
mcでほとんど参加してこないまゆりさんのスタンスほんと好き笑。彼女が何を考えてあんな激しいLIVEしてるのか考えるだけでもご飯三杯はいける。
Wアンコールの曲目はなんと公募制!PAのPCに入ってるかどうか確認しつつも、客から聞きたい曲を募り、即興で披露。
自分は初耳だったこの3曲ともカップリングのレア曲だったようで、そんな曲も含め完全に振りと歌詞が入っていてすぐに対応できちゃうそのプロフェッショナルな姿には本当に感動した。
ライトっぽい客が当てられてリクエスト答えられずにキョドッてて可哀想だった苦笑
 
〇雑感
久しぶりに、グループを推し始める楽しみを実感し始めたところで、まさかのメンバー全員卒業。
正直な話、本当に寝耳に水だった訳で、6/16の公式発表の時はあまりの衝撃でAKBの選抜総選挙なんてどうでもよくなってしまった。卒業の理由は具体的には見えて来なかった。彼女たち自身の言葉でいつかのタイミングで語られるのを静かに待ちたい。
これだけ実力のあるグループでも継続が間々ならないなんてホントに厳しいよね。このグループは運営のきな臭い話が聞こえてこないのも心地好かった。それでも「解散」という形をとらず、新規メンバーオーディションで形を残すというところに、地元のバックアップの強さがうかがえるけれど、秋からのひめキュンがどんな姿になるのかは、缶の蓋を開けてみないと全然読めない。ロック重視継続?結成当初のアイドル調に回帰?そして、新メンバーのみの実質別グループでも応援する気になるのか…?
卒業を目の前に控えている中で、単独と蝦夷乃無頼缶での並行しての全国ツアー。別に卒業記念て銘打ってるわけじゃないけど、最後までヲタから搾り取ろうって魂胆なのだろうか。
8/22蝦夷乃無頼缶ツアー名古屋はパス。
次は9/6全国ツアー、卒業前の参戦はこれで最後になるのかな。まだアナウンスないけど、卒コン的なのやるなら遠征でも行っちゃうかも。
 
その他雑感。
・mcでメンバーも言ってたように、大須観音駅周辺あんまり飲み食いできる場所ないじゃんと思ってたら、ほんのちょっと歩いたとこに餃子屋さんを発見!これからはLIVE前にちょい呑みしてから参戦という流れが定番ルートになりそう(あとellに何度来るのかは??だけど)。
posted by chinon at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451865602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック