2017年11月08日

乃木坂46『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』@東京ドーム

連夜参戦の東京ドーム。
 
○会場
開演前に運営からの謝罪アナウンス。昨日公演中に落下したスパイダーカメラの姿は流石になかった。アリーナの密集地帯に落下したにも関わらず奇跡的に大ごとにならずに済んで本当に良かった。状況次第では昨日の公演も中断、今日も中止になる可能性だってあった訳で。それでも映像化はハードル上がっちゃたのかな?
昨日よりはやや前列、ステージ真脇上手でメンバーとの距離は近くなった。周りに厄介もおらず、昨日よりも落ち着いて見れたのも良かった。
 
○演出
上手ステージ脇にJKがスタンバイしてて、また昨日と同じかよ〜とげんなりしてたら警備員がステージ上にリズム取ってダンスしだした。警備員のフラッシュモブとJKダンスという何ともカオスな雰囲気でマネキンスタート。
この時点で嫌な予感が頭をよぎったが、いつまで経っても昨日と同じ曲構成ばかり。結局最後までまさかの2日間セトリ一緒!!結局2日間で演出違うとこと言ったら、オープニングダンスとWアンコールだけだったかな。
アンコールラストでスクリーンに「サプライズの準備をお願いします」なんて出るもんだから、思わず爆弾級の特報かと身構えてたら、何と客席が紫のサイリウムで浮かび上がる人文字。乃木坂46とあとは角度つきすぎてて読めなかった(後からアリガトウだったってTwitterで把握)。
終演アナウンスあったから我こそはと規制退場かかる前に逃げ出したとたん、Wアンコール発動!「きっかけ」に乗せて始まったひめたん&まりっかの卒業セレモニーでは、まりっかの挨拶時に泣くのを堪えるので必死だった。
へんなサプライズだったり、つまらんゲストもないって意味では、純粋に乃木坂のことを好きな人が楽しめるよい単独LIVEだったと感じた。
 
○メンバー
昨日は東京ドーム新規よろしく周りについて行けなかったが、セトリ把握してる2日目は覚えたてながら精一杯コール。
「ここにいる理由」のブレイクでありったけのまりっかコール。生でパフォーマンス見るのは最後になるまりっかの勇姿を目に焼き付けた。
昨日は気づかなかったおいシャンのナカダカナシカコール、本人が恐縮しながら煽ってるとこで初めて認識。
 
その他雑感。
・平日2日間も仕事空けてしまって正直かなり微妙なのだが、「いつかできるから今日できる」の精神(?)で頑張ろう。
・乃木のLIVEの楽しみ方を一通り把握してみて、クリライ参戦も視野に軸足が48から移ってしまいそうな胎動を感じる今日この頃。
・20ゲート入場時に名物DJ会場スタッフ?に遭遇。ちょくちょく乃木の曲のタイトル入れてくる辺り、只者ではないな。自分も学生時代同業バイトやってたけど、あそこまでアーティストのこと把握して仕事できてなかったから素直に尊敬。
posted by chinon at 22:56| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。