2017年10月29日

ひめキュンフルーツ缶“2010-2017”卒業〜今までも、これからも〜@松山サロンキティ

1年ぶりの松山。
台風の中まさかひとりで松山まで乗り込むほどひめキュンにハマるとは思わなかったけど、陸路で6時間も運転してでも行っておいてよかったと思える卒業コンサートだった。
 
○会場
当日券なし完売、整理番号も300番以降でギリギリ確保できた状況で、ある程度覚悟はしてたけれど、現地に行って裏の川沿いにヲタが大量に湧いててまず驚愕。そしてサロンキティ入口で既に飽和状態になってるフロア見てドン引き。満員電車やないか!
卒業式の場に入れるだけでも有難いと思い直したが、普段からこんだけ集客できていれば、、、なんてちょっと切ない気分に。
 
○演出
卒業セレモニーは社長から一人ひとりに卒業証書を手渡し。社長のキャラもあるけど、あんまりしんみりしない感じで、ひめキュンらしいな〜って思いながら見てたら、最後に一足先に卒業してた穂乃花がステージに上がって来て一緒に歌い出した途端に、今日イチの盛り上がりになった。改めて彼女にも卒業証書渡すときにさっきのお調子社長が泣くのを堪えてる(?)場面では、周りから何処と無く貰い泣きの声が聞こえて来た。
 
最後の最後に新メンバーお披露目。
今のメンバーが好きでひめキュン追っかけるようになった自分は正直新メンバー全く興味なくて今日を契機に他界のつもりだったから、ふーんくらいに斜に構えてたら、予想に反して初期の雰囲気に回帰したかのような若返り構成で周りのヲタも一斉にザワザワし出した。当の自分もひと目見ようと背伸びしてる次第。
 
終演後出口で全員のサイン入り色紙を配布。DVDの予約もしてたけど、何だか亡霊になりそうで手が伸びずスルーしてしまった。
結局のところ全員同時卒業になった経緯は分からずじまいだったし、真友里ちゃんは悔しいなんて気になる言葉も口にしてたけど、こんな形の区切りのつけ方もまた彼女たちらしいカッコ良さを最後まで見せつけてくれた気がして、寂しさ半分あったかさ半分の不思議な感覚で帰路についたのでした。
 
その他雑感。
・栄にも負けず劣らずの年齢層高めなひめキュンヲタの皆さんがこれからも留まり続けるのか、他界しちゃうのかチョットだけ気になります。自分はSTU本格稼働したら、Wヘッダーでも組んで再訪しようかな笑(どっちが主目的なんだか)。
・アフターはもう1つのお目当のびんび家寿司。狙ってた訳でもないが中トロ祭開催中だったのと、店に入った時間が既に遅くて、中トロの他は二種類しかネタがなかった苦笑。それでも中トロめいっぱい食べてもお安いこの寿司屋最高。
posted by chinon at 22:51| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。