2018年07月02日

SKE48 team E『SKEフェスティバル』公演(斉藤真木子生誕祭)

180702makiko.jpg
 
4年連続の生誕参戦。
毎年生誕来れるのは当たり前じゃない、恵まれた状況に感謝。
 
○劇場
昨年よりも女子率上がった?
さすがキャプテンって感心してたら、公演始まった途端に黄色以外のサイ振ってるヲタが増殖。他メンの生誕T着てるヲタも結構いて、去年までとなんか違うコレジャナイ感を覚えてしまった。
 
○メンバー
生誕T &タオルにリスバンのフル装備のヲタにも臆せずロックオンしてくるおーちゃんすごい。最近波に乗ってるだけあって、パフォーマンスは以前よりも躍動感が増してて、推しから何度か目を逸らして見入ってしまった。
前に見たフェス公演からはだーすも楽々も花音もなるちゃんもさーなんも皆んないなくて、ちょっと静かで寂しさすら感じてしまった。初めて見たドラ3メンバーのパフォーマンスはもうちょっと元気あってもいいんじゃないかって思ったけど、気づかぬうちになるちゃんとかさーなんと比べてしまってたのかもしれない。
肝心の推しのダンスはやっぱりカッコ良い。「バラの儀式」でラスト数秒凝視される瞬間があるんだけど、これ前も同じことあったからたまたま選んだ席で2度目だった。
 
○演出
途中までみなるんからだとばかり思い込んじゃう程度にライトに成り下がってるヲタだけど、鈴蘭の手紙にはぐうの音も出なかったし、そんなことをメンバーに言わせちゃう時点で相当な事態なんだと痛感した。
真木子は涙ながらに語ってた一言ひとことも彼女の胸中を思うと痛いくらい理解できるけど、それでもやっぱり自分の弱さを曝け出せない、立ち位置を意識しすぎた振る舞いは、彼女の強さでもあり、弱さでもあり。1人のメンバーとしてのもっと踏み込んだ、包み隠さない有りのままの言葉が聞きたかった人は自分だけじゃないはず。
 
その他雑感。
・お見送りで「久しぶりだねー」って言われちゃった。そう、握手久しく行ってない。この前の総選挙はレス貰ったけど、面と向かって喋る機会が唯一公演だけになってるという事実…こういう応援の仕方もあるのかな。
posted by chinon at 22:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。