2019年04月18日

NMB48 teamT『夢は逃げない』公演(原かれん生誕祭)

IMG_7075[1].JPGIMG_7077[1].JPG
 
夢は逃げない研究生公演は初参戦。
多すぎる難波の研究生、覚えるのにどれだけかかることやら。。
 
○セトリ
難波のオリジナル曲は、シングル以外はほぼ初耳。
山本彩プロデュースだけあって、アイドルアイドルしすぎてない曲構成。
「始まりの雪」ってユニット曲がいい曲だったな。本店の曲のようです。
 
○メンバー
研究生は絶賛羽諒推し中なので正直推しがいない公演でモチベ上がらず、出演メンバーも生誕のかれんたんの素性もろくにチェックせずに参戦。その結果、自己紹介mcまで本人判定できず。。歌割少ないってのもあるけど、今日やけにかれんコール弱かった。さては他推しヲタ多かったな?
 
さて本日の主役のかれんたん。全体曲はほぼ最後尾、ダンスは覚束ない。研究生公演自体も2ヶ月ぶりってことだから、大勢いるライバル相当蹴落とさないと研究生公演すら出れないのに気を落とさず努力を続けるその姿勢は、応援してあげたくなる。ものすごく美形だし、背も高くてスタイル良いのに、今日のmc聞いてたら喋らせたら意外とオモロそうな予感。
 
そんな中で目を引いたのがしんしんこと新澤菜央ちゃん。たぶんキャッチフレーズ聞いた記憶あるからこれまでも正規公演で目にしてるはずなのだが、全く印象に残っていなかった。今日は推しがいなかったことに加えて、おだんごの髪型補正もあるんだろうけど、どうにも気をひくルックスで主役そっちのけで見入ってしまった。途中途中で新潟の中井りか嬢に見える瞬間があるけれど、私相当目が悪くなったのかな。
 
その他雑感。
・正規公演よりも生歌が多かった。研究生だからかな?
・今日ほど親からの手紙が長かった生誕祭は初めて。「ヤバイです、量が」という言葉通りすぎて、途中からずっと立たされてる他メンに同情してしまうレベル。笑いちょくちょく取りに行ってたが、もっとコンパクトに纏められた内容でしょ。


posted by chinon at 22:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。