2019年09月01日

乃木坂46 真夏の全国ツアー2019@明治神宮野球場

190901final.jpg
 
全ツファイナル。
玲香の最後の勇姿に立ち会えた幸運に感謝。
 
○会場
神宮も2年連続で参戦。去年はアリーナの超神席だったが、今日も内野席前方で普通に良席だった。
ちょっと離れたバクステ上方の関係者席に双眼鏡を向けたら、見慣れたポニーテール姿の子。今でも大好き万理華ちゃん、雰囲気変わってなくてエモさに開演前から震えた。他にもまいまいとか寧々とか川後とかかりんちゃんとか拝めたから、これだけでもう高まりMAXだった。
 
○セトリ
前回参戦の博多からかなりセットリストを変えてきた。マネキンのダンスも全カット。冗長なmcは全くなし、VTRで曲をつなぐ構成。そう、乃木坂のLIVEはこれで良いんだよ。
冒頭の飛鳥ちゃん登場からのインフルエンサーに代わり、まいやん女神降臨の演出からのガルル。
ユニットコーナーは生ちゃんたちの白米様に未央奈の「自由の彼方」などなど他の会場でも見れた曲だったけど、アレンジもクオリティ高くて良かった。映像化希望。
「ここにいる理由」は本人いる前で万理華〜!叫ばせていただきました。おんなじこと考えてる奴多すぎ。至極のアンダー曲を過去のアンダーメンの前でやるという構造がもうエモ過ぎて、泣きそうに。
何空の神宮全体の青さと生ちゃんの清々として一点の曇りのない表情と曲の美しさがマッチして、なんか今日1番ウルウルポイントだった。
玲香セレモニーのあとに新曲「夜明けまで強がらなくてもいい」を披露。玲香揃ったフルメンは今日が最後。しっかり目に焼き付けた。
 
○メンバー
内野席でアリーナ外周のフロートにかなり近い場所だったのだけど、未央奈からのレスは貰えずじまい。表情もあまり冴えなかったから、まだ体調万全じゃないのかな。本当にお疲れ様。
現在推し増し中のあやめちゃん、今日も安定に可愛い。それなのに、かっこいい曲で凛々しい表情やSっぽく上から見下ろす感じとかが最高。これからも期待。
ケガでお休み中のさゆにゃんもアンコールから参加。休み明けの桃子はあまりカメラ抜かれてなかったけど、パッと見た表情はそれほど暗くなかったから、またTVとかであの屈託のない笑顔を見せてくれるんじゃないかな。
 
○演出
玲香の卒業に駆けつけた若がWアンコールの後の外周練り歩きでサプライズ登場。
神宮の花火を見たら、もう夏が終わったんだなと感じさせる。スタンドは適度な風が心地よかった。やっぱ、乃木坂だな!
 
その他雑感。
・つくづく惜しい京セラ2日目。アリーナの最前ブロックで湧きたかったが、来年におあずけ。
・「Sing Out!」の海外中継といい、VTRの映像といい、インスタの新企画?といい、明らかに海外を見据えた展開が目に浮かぶ。10月の上海、もちろん参戦です!苦笑
・新国立も外から見る限りはほぼ仕上がってきているよう。この辺りも学生時代バイトしてた頃と大きく様変わりしてしまった。来年も神宮に来れるかな?


posted by chinon at 19:55| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。