2019年10月26日

NOGIZAKA46 Live in Shanghai 2019@Mercedes-Benz Arena

IMG_7574.JPG
 
2度目の上海遠征。
もはや距離的、金銭的、時間的な制約がないので、海外でも札幌とか沖縄とかよりハードル下がってる感すらある。
 
○会場
だいたい全部展に前入りしてテンション上げてく。やっぱにゃーが最強&はぁ万理華ちゃん、って、やっぱり六本木でやってた時と同じ感想しか出てこない。
グッズは前回散財したので財布の口が硬くなってた。
 
さてMercedes-Benzアリーナ。
2回目ともなるとだいぶ土地勘も掴めてきた。
国境を越えて俺の嫁コールで競い合ってる光景にはもはや残念という感情しか湧かない。自分のブロックで恥ずかしい人居なくて良かった。
開演前からアリーナ湧いてるな〜と眺めてたら、妄カメとか今野さんが会場通っただけだった苦笑
会場の入りはというと、半分強と言ったところか。2Daysで客が分散したのか、去年よりも空席がかなり目立った。3、4階席はほぼ使わずじまい、2階席も通路側空けてなお余裕あった。ここまで集客が少ない全体LIVEも久しぶりだよね。コールも弱くてメンバー散々煽ってたけど、2階スタンドの自分は無力でした。
 
○セトリ
オープニングでメンバーを紹介する煽り映像がフレーズなしの演出になっちゃってた。「至宝」とか「The Ace」とかあれ結構好きだったのに。
序盤からメインスピーカーの音割れが酷くてストレス。
「Threefold Choice」初めてオリメン3人で見れたのはエモかったが、欲を言えば昔のバスラみたいに3人がわちゃわちゃしてる尊い演出が見たかったのう。
3期の言霊砲とか僕の思い込みとかはLIVEで聞いたのは初めてでイントロ聞いてもしばらく何の曲か分からなかったぐらい。最近のカップリング薄味だな。。
「君の名前は希望」は頑張って覚えた中国語バージョン。ここが今日のハイライトだった。
オーラスは去年やらずに終わった乃木詩で無事に終了。
 
○メンバー
2期の4人がツインテール。
太陽ノックのセンターをあやめちゃん。
現地時間で21時過ぎた終盤はあやめちゃんが出れず最後の挨拶しそびれる。開演もっと早い時間にしてくれれば最後まで出れるのに。。
かっきーの日本語講座で途中から食べものの名前になって、途中からアレ?って感じになったかと思ったら、ライスカレーなんて普段日本人でも使わない単語出てきて、そのままからあげ姉妹の「無表情」に流れてくところはニヤニヤだけど、あれ中国人には厳しすぎる演出だよね。
 
その他雑感。
・3万近いチケットでスタンド、花道が近くにある訳でもなく、トロッコも来ない。会場の一体感もないから、終わった後の高揚も薄い。来年があっても、うーんと考えちゃうレベル。次はアリーナ席にすればいいのか!


posted by chinon at 23:00| Comment(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。