2016年08月16日

さくらシンデレラ@Zepp Nagoya(夜公演)

仕事のキリがつかず大遅刻。途中参戦でノリつかめずじまいだったけど、いつもの48系とは違う現場の雰囲気もたまにはいいよね?
メンバー全然覚えられないんだが、ライトにフォローしてく分には楽しそうな印象。名駅のアイステ今度誰か誘って行ってみようかしら。
 
○会場
何度も足を運んだZEPPのはずなのに、ホールの扉を開けてビックリ。後ろ半分閉鎖しとるやん!当然2階も人影なし。
客の入りは300人くらい?思っていたよりは入っていたかな。
客はというと熱心なヲタは前方に、遅れて入った自分のいる後方はライト層と棲みわけされていた。MCもろくに聞いてないし、途中で何度も外に出て行ったり、LIVEへの集中に欠けたピンチケ風が周囲に多かったせいか、コールもほとんどなくて寂しい限り。まあ確かに客もグダるMCの要領の悪さだったのだが。。
 
○演出
曲は初めて聞くものも多かったけど、どれもキャッチーで昔の本店の雰囲気があって、懐古厨には今の48よりも良いのかも。ただし、衣装はシンプルであまりコストかけてない印象。
 
後半で音響トラブル発生。も、生歌で歌い踊り続けるメンバーの姿に思わず胸が熱くなった。あんまりメンバー慌ててなかったけど、この類のアクシデント慣れてるのかな?途中で曲出しからやり直したのはいただけなかったけれど、生歌でもしっかり踊れてるところは好感度めっちゃ上がった。少なくとも、歌やパフォーマンスについてはAKB以上だった。
 
最後にサプライズ発表。来年中野サンプラザにZEPP再演と背伸びしすぎな会場でLIVEだとか。今日の客入りを見る限り、正直まだまだ身の丈にあってない。こういう特報はコンサートでやると普通ドッカーンと盛り上がるんだけど、VTRの出し方に内容自体の演出が致命的に屑で、既に会場を後にしてるヲタ多数だった苦笑
もひとつサプライズ、名古屋と新宿、大阪にアイドルステージを擁しながら、秋葉原に専用劇場?今のアイドル厳しいご時世でどんどん拡大路線走るさくシンの行く末や如何に。
 
その他雑感
・笹島に向かう途中、衣装姿のメンバー3人と遭遇。夜の部出れない研究生かな?にしても、公衆を衣装着て歩いて帰るってなんて放置プレー?48ではありえない待遇に、思わず吹き出してしまったし、せっかくいるメンバーを晴れのZEPPの舞台に立たせてあげないなんて鬼畜運営としか。
posted by chinon at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

SKE48 teamS『重ねた足跡』公演

S新公演初参戦。
ゆめち推しにとって最高の2時間だった。
 
〇セットリスト
DMMで予習してから臨んだものの、生で聴くのは初めての曲もチラホラ。全体的にはチームSの全国ツアー劇場版というところか。大味すぎてお腹いっぱいだし、何回も繰り返し見たくなるような要素を見出せずに終ってしまった。1番の原因は手つなにinnocenceや眼差しとかの既存の公演曲。オリジナルの公演での流れが完全に脳みそに染み込んでしまっている分、どうしても違和感が拭えなかった。こればっかりは、何度も聞き返せば解消され得る問題でもないので。
 
中盤のダンスメドレーもいただけない。もう少し曲数絞ってワンハーフくらいにした方が後の印象が全然違う。今のメドレーじゃ流れ完全に無視すぎて、せっかくのダンスで魅せる要素も霞んでしまってた。
 
〇メンバー
キャン待ち最後方で視界はすこぶる不良だったが、立ち見に白橙の同志が多かったような気がした。やっぱり、ゆめちに流れが来てるんだろうか。センターで踊ってるゆめちは、憑き物も取れたような迷いのない表情で堂々と立派にポジをこなしていた。
ダンスで1番目を引くのは杏実だった。以前だとゆめちとか樹奈ちゃんのパフォーマンスが目に飛び込んで来たのだけど、その2人がしゃかりきではなくなったことに加え(決して手を抜いているというわけではなくて、それも1つの成長の証)、綺麗に魅せるスキルは依然として健在だったし、スタイルも良いから目立つ目立つ。卒業までパフォーマンス観れるのも最後かな?
 
その他雑感
・撮って出し写真の購入が以前に比べて格段にスムーズになっていた。以前だとキャン待ちの場合は公演と写真待ちで計3時間立ち続ける羽目になってたのに、すんなり買って帰れるのは有難い。
posted by chinon at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

CBCラジオ夏まつり2016

8がナゴドで全握とかいう事前情報でエイター厄介祭りになるのでは、との懸念も吹っ飛ばす勢いの、夏の屋外イベント最高。
 
○会場
光の広場でのイベント参戦は初めて。数年前の熱量だったら頑張れてたかもしれんけど、日曜朝から整理券のために並ぶ気力もなし。夕方にノロノロ出掛けたが、前座のボイメン研究生?のために女子が大挙していたため、終わった瞬間難なく上手の座席をゲット。無銭でこれだけ良席ゲットできるなんて、もう整理券並ぶ気になれません。
 
○演出
全員が浴衣衣装。
えごなる匹いる6D1先鋭メンバーだけあって、お世辞にも広いとは言えないステージの上を目一杯使う12人がとにかく元気なパフォーマンスだった。無銭なのに8+1曲は美味しかったし、つまらんMCで時間を稼ぐわけでもなく、遠路埼玉での握手会終わりということを感じさせないパフォーマンスで勝負してくれた演出には拍手を送りたい。
特になるちゃん。MCにもいじられ倒して、ダンスも首がもげるんじゃないかってレベル。師匠真木子の全盛期を彷彿とさせた。
曲もフルのものが幾つかあって、にわかのヲタがコール外してるポイントがチラホラ。幸い、自分の周りには厄介はおらず、コールでもそれほど気に障るものは耳に入ってこなかったので気楽に観戦できた。
 
その他雑感。
・今日は推しがいないので、ゆづきサイで応援。冒頭の山田久志MMが思いの外綺麗なサブマリンで舌を巻いた。しっかりレスもくれたし、本当に良い子や。。
・メインの久屋広場は大トリをボイメンに取られていた。去年も8の前座扱いだったっけ。自分の周りの芝生席はかなり余裕あって、途中からもパラパラ人の出入りがあるくらい。SKEのお膝元なのに確実に低下しつつある集客力を目にして、これからの夏イベが少し不安に、、、ただし美浜は人減ってほしいけど。。
posted by chinon at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

NMB48 teamB2『逆上がり』公演

約半年ぶりの逆上がり。
チケット抽選制のおかげでついに難波でも最前、しかも中央をゲット。
やっぱ最前の距離感、素晴らしいよね。栄よりも近い!
 
○公演
難波にしてはいつもよりコールが大きく聞こえた。逆生誕だからか?そんな中で、メンバー半分も覚えてない自分は最前にもかかわらず知ってるメンしかコールできない体たらく。
オマケに最後にBDカード(印刷じゃなかったら文句なしだが)までもらっちゃったけど、村中有基ちゃんの顔と名前が一致せず、、、>_<
 
○メン
跨ぎのうどんちゃんことれなぴょんが逆上がりまだ2回目というのに完璧にこなしてて、さすが一期生の貫禄だと思った。誰よりも汗をかくその表情も綺麗だったな〜。
そんな16人の中でもMVPはちっひー。誰よりも地声の歌が聞こえてきたし、キレのあるダンスとターンも群を抜いていた。新曲はセンターポジだったけど、他の曲含めてもコールが柊ちゃんまんより大きかった。
最前はレスの嵐だったけど、中でも松岡知穂ちゃんがガッツリ目合わせてくるタイプで意外だった。ダンスは全然自信なさ気な表情なのに、目を合わせに来た時の笑顔があまりにギャップがあって不意打ちに釣られた。
 
その他雑感。
・NMBの抽選式チケットは初めて。個人的には難波劇場は立ち見がないので、当たったらどの席であろうと来る気で申し込んでいるから、事前に当選番号分かってキャンセル多い従来のやり方のほうが恩恵に預かれて良いのだけど、定員割れは流石に深刻か。
・撮って出し写真はNMBないのね。要望出しといたけど、次難波来るときには導入されてるといいな。
posted by chinon at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

Kobe Love Port・みなとまつり

灼熱の神戸遠征。30分で8曲、元気なパフォーマンスが見れてきた甲斐があった。
誕生日にゆななの炸裂笑顔見れただけでも満足です。
 
○会場
突堤の一番先、海を背中にしたステージ。
到着したら浴衣ショーがオンステージだったが、概算で1,000人はくだらないかという人数の一般人が既にステージ周辺を覆い尽くしてて、奥まで入る余地が全くなかった。前座が終わるや一気に前方に攻め込んだが、前方には難攻不落の分厚いヲタ層がずっしり構えていた。
無銭イベにつきものの厄介集団。前方で途中大人しそうなヲタに絡んで、県警のお世話になっとった。そいつらの騒ぎでMC全然耳に入らなかったから、ウチらも被害届出したいくらい。
 
○演出
前座のサンバが醜態過ぎて、思わず目線を下に逸らしてしまった。あれ踊ってる本人たちはノリでやれちゃうんだろうけど、見てる側からしたら拷問ですって。
ゆななのセンターが少しずつ板についてきたかな。あの笑顔は世界を救う。
 
その他雑感
・なんだかんだで1年ごとくらいに神戸来てるわ。箱で推せにK2ツアーに。おかげで三ノ宮周辺だいぶ土地勘掴めてきた。MCでちょっとはそれに触れてくれても良かったんでは?
・今回も車で行ったから出店の食べ歩きは我慢したが、種類や数が豊富でオマケにロケーションも海辺で最高の祭りだった。美浜海遊祭もこれくらいやってくれると言う事なしなんですが。
posted by chinon at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

SKE48 『手をつなぎながら』公演(斉藤真木子生誕祭)

160629makiko.JPG
 
1年ぶりの手つな。
今年も無事推しの生誕祭に参戦できて本当に良かった。
手つなもこれで見納めかなと思うとちょっと寂しい。やっぱり栄初のオリジナル公演、いつまでもレジェンドとしてリバイバル再演してほしいと切に願います。
 
久しぶりに栄の劇場来て感じる、ヲタの高齢化問題。女性がチラホラいるのは去年と同じだけど、その他は自分より明らかに年上の層が主流で、まずその事実に狼狽すると同時に、これからの将来にますます不安を抱かずにはいられなかった。
そして違和感2つ目は生誕Tの少なさ。これは公演始まったら嫌が応にも実感せずにはいれなかった。少なくとも自分の周りは赤緑サイを振ってないヲタの方が多かった。
 
生誕スピーチは真木子らしい、一言一言言葉を選びながら、感情に流されて自分を見失わないしっかりとした出で立ちだった。その姿はCPの理想像を求めてなお見つけられずにいる悩みの様子そのものでもあったから、自分にとっては痛々しささえ感じ取れてしまった。
 
生誕委員disるつもりはないけど、ディスプレイとかセレモニーとかやっつけ感が半端なかった。去年に比べて相当コスト抑えてるのかな?生誕委員も去年と同じ見覚えのある人がいたけど、全体的な一体感や覇気がなかった。
手つなも今日で見納めかな?次は劇場でゆななにそろそろ会いたい。
 
その他雑感。
・今年の総選挙の結果にも表れているように、DSDでの実質初選抜や栄のCP就任といった明るい話題とは反比例して、真木子界隈の熱量が絶対的にも相対的にも昨年より低下してるのが気がかり。斯く言う自分もそう。真木子界隈って基本箱推しのハズだから、やっぱり箱推しがどんどん蒸発してるんだよね。苦労してた下積み時代から支えてるヲタは、ある程度望みが達成できたら離れていく性なのだろうか。
posted by chinon at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

AKB48 team B『ただいま恋愛中』公演

半年ぶりの本店出張。
上手2列目で座れたから良かったものの、この公演のパフォーマンスとMCで立ち見だったら正直ブーイングしたくなるレベル。
GWだからか、あまり公演慣れしてない層の客が多く、これまでの公演の中でダントツで静かだった、静かと言うより静寂。無観客試合か。結果としてメンバーのテンションも低かった。
 
○セットリスト
クールやダークな曲調が並ぶセットリスト。
初期の売れてない雰囲気の色濃い、本店ニワカには厳しすぎる2時間だった。2009〜2010年にかけての神公演に典型的な起承転結もなく、はっきり言って盛り上がりようがない公演。
例えば、「Only Today」と「Bingo!」は本店把握してない自分でも知ってる名曲だが、この2曲の位置が悪すぎる。序盤でいきなり「Only Today」やられてもそこまで気分上がってないし、「Bingo!」のアウトロに僕太が続かないのもやっぱり違和感が拭えない。
MIX打てる曲もごくわずかだったし、コールもホントにまばら。ってか、時間経てば経つほどコール減ってく公演って一体。。
も一つ文句言わせてもらうと、衣装が制服チックな奴ばっかりで見飽きる。と思いきや、最後の寝間着はどんな世界観?
 
○メンバー
選抜メンバーが不在ということを差し引いてもMCが完全に白けて残念な感じだった。メンバー間の絡みが薄いし、他人のMCをつまらなそうに聞いてる奴もいるし、何よりMCを回そうという気概のあるメンバーもいなかった。
そんな中でアイドルオーラ全開だったのがなぎなぎ。この子は周りに毒されず、自分自身の信念持ってそうで安心した。ダンス(というか表情)は梅田綾乃が目を引いたけど、この公演自体それほど激しいパフォーマンスは要求されてなかったから、他のダンス曲でも見てみたいメンバー。
kidsもまだまだ表情硬くて戦力には程遠い印象。栄で公演出まくってる7D2とは経験値が雲泥の差なのだろう。
そしてキャプテンのゆりあ。久し振りに見たゆりあのパフォーマンスはやっぱりカッコいい。ゆりあにはこのセトリあってるのかもしれんが、周りのメンバーのグダグダぶりに当惑してる様子に思わず同情。。
 
その他雑感。
・メンバー寸評。イイ女オーラ前回の田名部、ksgkと思ってた涼花が綺麗になってたのは驚いた。噂通り無気力の竹内は置いておくとして、以前パフォーマンス最悪だったたつまきときあらがちょっとは表情とか改善してた。
・そしてルックスMVP(?)はまちゃりん馬嘉伶。難波の中野れいちぇるにクリソツ。私やっぱりあの系統が好きらしい。不安そうな顔で周りを見ながら合わせてる様子を見守るような思いで見つめてしまった。まだ公演は5回目とか。踊れなくてもいいんです!笑
・撮って出し写真が終演後劇場出て2分くらいで購入できた。栄にも見習って欲しかったのはココだけ苦笑
・ドンキのエスカレーターの脇に並ぶ過去の本店CDポスター。半分くらい最近のシングルに貼り変えられてた。ってか、ここ2、3年の本店の曲知らなすぎ。昔のポスター眺めながら上がってく時の高揚感が好きだったんだけどなあ。
posted by chinon at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

「AKB48のあんた、誰? #999」公開観覧

お誘いに乗ってあん誰二回目に参戦。前回はちょうど一年前だった。
今回で999回目と言ってたっけ。6月で番組終了だから、観覧参戦もこれで最後のはず。48で数少ない、努力すれば(足繁く通えば)当たる貴重なイベントだけに今後も形を変えて残って行けば良いのだけれど。
 
○会場
GWということもあるけど、それ以上にチーム8の勢いで抽選倍率は数年来の高さだったとか。最近は定員割れもチラホラ耳にしてたけど、エイターのパワーを改めて実感させられた。
明らかに抽選列多すぎだったからどう見ても当たる気がせず、帰り支度するかという気分で待っていたらまさかの準優勝。全部で305人抽選の中の30人だから、倍率10倍ですな。。
当然立ち見だが、距離的にはいつもの劇場よりも近くて、楽しい1時間を過ごさせていただきました。
 
○メンバー
しっぽちゃんことなるちゃんはダントツで可愛いのだけど、やっぱりちょっと痩せ過ぎかな。
そんな美少女がいきなりSMがどうのとかぶっ込んでくるもんだから目が飛び出そうになった。勿論、会場大ウケ。しかもそのあとの「やっちゃったー」って顔、最高でした。
そんな超絶人気のなるちゃんを尻目に、私が釣られたのは神奈川の小田えりなちゃん。セット準備の合間に手を振ったら振り返してくれただけなのだが、それだけでもいい子認定。ディーバチャンピオンという肩書きを除いても十分戦えるって!
今回初登場のつむつむことつむぎちゃんは初登場で緊張してたのか、笑顔も少なくぎこちない表情。萌えセリフ本気で嫌がってるとこは笑いの嵐。黙ってたら昔の指原にそっくりだった。
京都の太田さんは全然把握してなかったが、見習いながらもそこそこMC廻してて、適正ありと見た。
今回こそ、ネ申の合宿編チェックしておくかな…
posted by chinon at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

SKE48 team S『制服の芽』公演(野口由芽生誕祭)

IMG_2978.JPG
 
なんと前回から半年も空いてしまった栄の劇場参戦。こんなに空いたのは現場出没しだしてから初めてだろうか。
今年は対外漏れのゆなな生誕に、実は入れたきょん卒業とキャン待ちの相性が悪い。今回も安定のキャン待ちだけど、1桁でぼちぼち視界が確保できてよかった。
制服自体いつぶりかなと振り返ってみたら、去年のゆめち生誕ぶりだった笑
 
涙なしのゆめちスピーチは自分の言葉でキチンと表現できていてとても好感が持てた。
ネタキャラ化してることも自分なりに理解してて、それでいて流れがきてることも読めてるあたり、人間味溢れるアイドルとしてもがき悩む姿はこあみにも似た雰囲気を感じて、益々推さずにはいれなくなる。
まだ痛みを抱えながら、騙し騙しのパフォーマンスを続けているのだとしたら、その涙ぐましい忍耐力にただただ尊敬の念しかないよね。
パフォーマンスもスラッとしたスタイルで丁寧に踊る所は流石だった。枯葉の手の振りなんて最高だったよゆめち。
他のメンバー見てる余裕はほとんどなかったけど、あんみの立ち振る舞いはさすが過ぎ。あと何回見れるかな…。
 
その他雑感。
・お見送り、2014年の生誕Tにちゃんと突っ込んでくれてありがとう!(単に今年買い忘れただけなんて言えない、、、)
・圧倒的どりー民占有率かと思いきや、立ち見エリアは樺乃ちゃんとか綾巴とかのヲタのコールの方が目立ってた。もうちょっと頑張ろうよどりー民。生誕委員は女子ヲタ目だってたかな。
・撮って出し写真を初購入。参戦記念が形に残るという意味では嬉しいんだけど、結局ゲットできたのは終演1時間後。。ただでさえ2時間立ち見なのに更なる立ちは正直しんどい上に、サンシャインで公衆に晒される(錦通沿いで待機してた昔に比べればマシかw)しで、もうちょっと効率的な売り方ありませんかね?
・kidsのパフォーマンスは微笑ましくてなんだか別物の公演見てる気分になったけど、彼女たちにSKEの未来を浮かべた。詩人のコートで首が出てないなるぴーが可愛すぎて笑った。それでも、先に昇格してる樺乃ちゃんにあいあいと比べると相当な差が開いてしまっていることを痛感させられたのでした。ユニット出れるのはいつかな?
・次はいつ栄投げるか微妙なところ。6月末の真木子生誕を当然狙うわけだが、それまでに一度くらいは入りたい。。。
posted by chinon at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

SKE48「みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサート」 (2日目)

2日目。参戦するつもりなかったけど、休みが取れてしまったので、後からチケット確保。 結果的には前日の内容がひどすぎただけに、連日参加しておいてよかった。
 
〇会場
アリーナの端っこ。席占有面積は過去最狭。隣の重量級ヲタの汗の臭いに顔をしかめつつ、狭さに身悶えしつつ、苦痛の3時間を過ごした。
女子ヲタの割合が圧倒的だった。チケセンで男女比率操作してるんだろうかってレベル。
隣の女子ヲタは初対面のタイ人を連れて、片言の英語でやりとりしていた。開演まで話聞いてたが、タイ人ヲタの方が詳しかった。宮澤がヲタを引っ張ってきてることを最後の最後に実感させられた。卒業した後もこのヲタたちは栄に留まってくれるのだろうか。
 
〇演出
中盤の宮澤参加曲ラッシュは黄色い歓声上げてる女子ヲタと対照的に、全く把握できず地蔵化してるおっさんヲタが大敗北。私も完全沈黙してた1人だが、2薔薇で宮澤が出てきたときは流石に憤慨した。この曲は安易に宮澤が出るべきじゃないって。
卒業セレモニーも正直冗長で、座りたくなってしまった。
 
その他雑感。
・最後のハイタッチで優希ちゃんに釣られた。たった一瞬で獲物を確実にゲットする一本釣り力、素晴らしい。
・そして、真木子がついにキャプテン就任。発表の場を本人とヲタ共と共有できたことを長らく推してる一個人として誇りに思う。行かなかったら、マヂでヲタ人生一生後悔してた。真木子本当におめでとう!
posted by chinon at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする