2015年12月19日

乙女新党ワンマンライブツアー2015〜ツチノコ探して東名阪〜@名古屋M.I.D

先月のふわふわサミットで気になった乙女新党のワンマンLIVEに参戦。
初のワンマンツアーという割には、演出もしっかりしてるし、初心者でも十分楽しめるLIVE構成になっててクオリティーは高かった。さすがにツアー追っかけるほどの熱量はないけど、次も名古屋でやるときは顔出してみようかと思わせるほどにはお気に入りになりました笑
 
○会場
LIVEハウスの大須M.I.Dは初来訪。
到着が開演10分前だったので、最後方のわずかなスペースしか残されていない(´・_・`)
300人のキャパのホールがほぼ埋まっていたから、興行的には成功なのだろう。
ここで早くもミス。いつものロック系で参戦するときの調子で交換したドリンク片手に入るも、周囲にドリンクを手にしているヲタはゼロ。これから戦いだというのに、ドリンクで手が塞がっていては…。
ホール後方にディスプレイがあったから此れ幸いと思いきや、最初から最後までロゴが映ってるだけだった。。
 
○客層
48系と基本的に大差ないヲタ層。生誕Tみたいな特徴ある服装をしていない分、誰推しなのかぱっと見全然分からない。ステージから見ても同じなんだろうと思うと、生誕Tって存外にメリット大きいよね。
MCで「乙女新党」のコンサート初めて来た人という呼び掛けに手を挙げている人がほとんどおらず、翌日の大阪公演も続けて参戦するのがデフォになっているようだった。
今回はとりあえず手にDDサイ2本で参戦してみたが、周囲の先鋭ヲタがメンバーの歌割りの度にサイの色を変えてる姿を見るもマネできるはずもなく、終始赤一辺倒でやり過ごすことになった(苦笑
MIXも変則的なものが多くて、外して厄介認定されるのを恐れるあまり、省エネモードで抑え気味に。。
 
○演出
いきなりファッションショーでスタートするも、奇抜な衣装ではなくて極々カジュアルな出で立ち。
SPINNS協賛こその演出だけど、バリエーションに富んだ48の衣装を見馴れてしまっていると、何だか随分淋しい気がしてならない。
前回のふわふわサミットでやった曲以外は全て初耳だったが、曲自体悪くないし、後半はライトな自分でもヒートアップできる感じだった。有沙ちゃんメインボーカルにしてる曲が多かったけど、生歌貫くところは賞賛に値するけど、みんなもう少しボイトレした方がいいかな。
 
その他雑感。
・彼女たちがこれから次のステップで更に売れていくには何が必要なんだろう。話題性?キャラ?プロデューサー?これだけ全国に乱立しているグループから一歩抜きん出るには、何かが足りないんだよね。
・大須はほとんど遊びに来ないけど、久しぶりに商店街ぶらぶらしてみたら昔よりもずっとオシャレになってた。
posted by chinon at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

NMB48 team B2『逆上がり』公演(川上千尋生誕祭)

chihiro_bd.JPG
 
難波での初生誕祭参戦。
ちっひーの周りからの愛され具合で推してもいな自分もホッコリする良い生誕祭だった。
 
○演出
難波でもさすがに生誕祭、生誕T率が高かった。女ヲタが多かったのも意外だったが、アンコールの口上まで女ヲタなのは自分の参戦歴では初めてだった。が、ちっひー予備知識ゼロの私、毒リンゴネタについて行けなくて歯がゆい思いをした。
生誕祭の配布物もメガホンにフラッグ、団扇と気合入りまくりだが、遠方の人間には持って帰るだけで大変なんですけど>_< 凪咲の本店生誕でも複数種あったけど、栄の生誕実行委員は他店に比べて資金力の乏しい小規模な組織なんだろうか。
生誕祭の違いは運営からのサポートの違いもありそう。エントランスの壁はデコレーションされてちっひー仕様になっていたし、生誕委員のが入場後に劇場内でアナウンスさせてもらえてるのも高待遇だよね。
 
○メンバー
今晩の主役以外で難波のお気に入りメンバーが3人も揃い踏みで、終始目移りしてしまった。
何と言ってもエースの柊ちゃんが前回と同様オレンジサイに対して満面の笑みでレスくれるので応援してて楽しいんだけど、時々だーすーに見えてしまう時があるだーすー。
凪咲は久しぶりに見たパフォーマンスが以前よりもだいぶレベルアップしてた。前回見た逆上がりは全然踊れてないし、ソロの虫バラは散々たるものだったから、今日も覚悟してただけに、すっかり拍子抜けしてしまった。表情も曲によって使い分けてて、凛々しさも加わり、少なくともB2の中ではパフォーマンスで足を引っ張っているようなことは全くなかった。それどころか、「Must Be Now」も何とか踊りきってて様になってたよ。
オマケにチームMからの応援メンバーれいちぇる。ギャガーとして無茶振りを見事やり切るあの肝っ玉はスゴイ!「北京原人」「ジャワ原人」「カジキマグロ」の3本を生で見れただけで、私もう大満足。この16歳のポテンシャル半端ないって。
 
その他雑感。
・生誕祭なのにキャン待ち悠々当選くり上がり。 それにしても近頃難波の一般枠がよく当たる。月1のペースでコンスタントに来てる、、ってか最近栄投げるの自重してたから栄よりも参戦頻度高くなってる(爆)。年末までに大本命ゆなな生誕は開催されるのだろうか?
posted by chinon at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

SKE48冬コン2015名古屋再始動。〜珠理奈が帰って来た〜 SKE48リクエストアワーセットリストベスト30 2015

なんとか、4年連続でリクアワ参戦できました。今回は完全に他力だけど、、、
もはや昼夜の記憶が曖昧なのでまとめてメモ。
 
・劇場公演もシングルアルバムも30曲づつという悩ましい選曲の結果、本当に意外な(失礼?)曲もチラホラ。個人的には、僕太とかTBCとかの思い入れのある曲を当時のメンバーで聴けるのが何よりも嬉しかった。TBCで早くも泣きそうになったよ。
・ゆかりの虫バラは昨年や逆上がりでやってた頃に比べて声質声量とも格段に進化してるのに驚いた。ボイトレ普段から行ってるのかな?堂々とした歌いっぷり、お見事でした。
・珠理奈真那の二人だけの「神々の領域」はこみ上げて来るものがあって、泣くのを我慢するので必死だった。もうこの2人しかいないのね。
・卒メンを今か今かと待ち構えていた訳ですが、結果的には玲奈ちゃんがVTRで登場した程度だった。玲奈ちゃんいないSKEのコンサートは初めてだけど、やっぱりどこか寂しいというか薄味というか。。。
・リクアワは雛壇のメンバーの様子を見てるだけでも充分楽しめる。今回はぴよすの全力ヲタ芸とどん&ゆめちのサイリウムが目を引いた。
・12カンでオレンジの衣装を着たゆななが好ポジだった。これからが本当の試練だね。
posted by chinon at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

SKE48冬コン2015名古屋再始動。〜珠理奈が帰って来た〜 ひと足お先にXmas!ユニット祭り(夜公演)

夜公演。最新ユニットとXmasブロック以外の曲が昼夜別々で本当に良かった。
 
○会場
座席は3階中列ほど。昼公演では3階にもメンバーが何度か回っていたみたいだから、ちょっとは期待していたんだけど、夜は最後の最後まで完全に蚊帳の外だった。
 
○演出
昼夜とセトリを変えてきて、2公演で各メンバーがそれなりにスポットライト当たるような工夫されていたのは素直に嬉しかった。普段の大箱だとどうしても選抜メン中心になっちゃうからね。。。
中盤のユニットは珠理奈のダチョウとか江籠ちゃんのクロスとか、普段は見られない意外性があって沸けたのだけれど、終盤のXmasブロックは昼とほぼ同じ演出で新鮮味がなく、途中から見るのに飽きてしまった。フルマリオンはカッコ良い曲だけど、二人の歌唱力を全く活かしていない選曲ミスだと思う。
最後の「I love AICHI」での前フリでの真木子のセリフが1番の見せ場だったかな?
 
最後にサプライズの研究生昇格発表。
大好きなゆなな&こっちゃんが順当に昇格したのは嬉しさ反面、まだしばらく研究生公演で神々しいゆななのセンター姿を見ていたかったのが本音。発表の折、涙してる研究生もチラホラ。。
果たして、12月からのPARTY公演どうなることやら…。
7D2という1つのカテゴリーで絶賛売り出し中で、近年稀な異様なまでの盛り上がり(自分含む)を見せていた矢先に7D2を解体してしまうのはつくづく惜しい。それだけ補充しなければならないほどの、これから春先にかけて大量卒業を覚悟しなければならないという予兆なのか。
 
その他雑感。
・スルナイの真木子は無理して作りすぎ。よほど嬉しいのか、早速晩のメールで写メを送ってくるあたりが愛おしい。
・伏見で反省会後の帰り道、レッスン帰りのメンバー4人にばったり遭遇。遅くまでお疲れさま。昇格おめでとう!明日もガンバってね。言葉には出さずにエールを送った。ゆななもかのちゃんも、つい数時間前の昇格発表に浮かれることなく、2公演後なのに深夜まで練習に励むその純粋なひたむきさには本当に頭が上がらない。
posted by chinon at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SKE48冬コン2015名古屋再始動。〜珠理奈が帰って来た〜 ひと足お先にXmas!ユニット祭り(昼公演)

昼公演。曲も演出も平べったくて、7D2が近くて歌ってたこと以外は印象に残らない、久しぶりの駄コンでした。
 
○会場
昨年に続いてのセンチュリーホール。
下手のスピーカーの音のバランスがあまりにも酷くて、途中何度か耳を覆いたくなった。次コンサート来るときは耳栓必携だわ!
上手側の舞台脇という座席柄、入れ替わり立ち替わりメンバーが目の前でパフォーマンスしに来る。距離感だけで言えば、中央最前よりも近かったので、良い席割だった。
 
○演出
冒頭の珠理奈のVTRが盛り上がらなかった。そもそも、専任とか帰ってきたなんて…。
最新ユニットCDを購入していない上にカップリングもフォローできておらず、イントロが流れた瞬間、他店の曲かと錯覚してしまった。そもそも今回のユニットは表題曲もカップリングも曲調に起伏が乏しく、耳に残るキャッチーな曲とは言いがたい。そんな曲が何曲も続くのは正直しんどかった。
Xmasブロックの数曲は季節錯誤もいいところで、会場も全然持ち上がってなくて笑えるレベル。これは正直に演出ミス。
個人的なクライマックスはるみ選抜でゆめちがセンターで出てきたところ。昼公演はこの1曲のためだけでもDVD買わねば。。
 
その他雑感。
・1番印象に残ったのが末永おーちゃん。自信満々の表情でずっとこっちを見つめてくるその視線が凛々しかった。真正面からそんな見つめられると気まずくて余所見できないっス笑
・デッドストックの披露後にトロッコから降りた真木子さん。手にはばら撒き用ビラを握ったまま眼の前の舞台袖に。ところが、一列前のグループに手持ちビラ全て押し付けてステージに戻っていった瞬間、自分涙目。真木子推してから約4年、初めて本格的な推し変を意識した笑
posted by chinon at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

NMB48 team M『RESET』公演

今年2度目のRESET。今回は楓子ちゃん以外揃った陣営、選抜メンいるとやっぱり華があるね〜。
 
○総括
RESETは48の中で最も好きなセトリの一つだったけど、チームM自体も今回の公演を通してますます好きになった。こんな楽しい公演がいつまでも続けばいいのになと思いつつも、本編ラストの「ジグソーパズル48」の歌詞を聴くたびに先の見えないやるせなさにエモい感情と高揚感が交差するのでした。
 
○メン
れいちぇるもあんちゅも百花も相変わらずで、みんな25時間TV明けでほとんど寝てない分、MCもパフォもハイテンションで終始飽きない2時間だった。
今日のMVPはみるるん。あの綺麗な黒髪ロングをバッサバッサ揺らしつつも乱れた髪型を物ともせず、誰よりも汗だくになりながら踊る姿があまりにカッコよくて見とれてしまった。彼女のパフォーマンスみるのは初めてだったが、外から伺うイメージとのギャップに思わずたじろいだ。オマケに、お見送りでみるみるポーズのレス。パフォーマンスといい対応といい、たった1回の公演で釣られかかっている自分。。。
 
その他雑感。
・RESETのオリメンれいにゃんも生で見るのは初めてだったけど、表情豊かにハキハキ踊っているところに好感が持てた。自分が2列目だったからかもしれんけど、意外と目を合わせて来てくれるのも◎。
・ツインテールイジられるあーぽんは安定のパフォ。今日は1番コール大きかったなあ。
・最後のMCでちょっとだけ紅白のことに触れてたけど、最初からお祭り騒ぎせんでいてくれたのが、せめてもの救いだった。明日の栄は葬式モードじゃないと良いのだけど。。
posted by chinon at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

乙女新党ふわふわサミット Vol.13

これまで「自分はアイドル好きじゃない」と頑なに主張してきた私。
48G以外には手を広げず、48の中でも栄に固執し続けた自らのプライドは何処其処へ?
 
○会場
秋葉アニメイトの地下。
劇場自体は300人弱の定員で栄と同じくらい?少なくともつい先ほどまで居たドンキ8FLよりは広々としていて、舐めてかかっていた分、いきなり驚かされた。しかも座席が座りやすくてラクチン。
なんとか当日券を購入して入場。劇場の入口でメンバーがハイタッチでお出迎え。ハイタッチってこんなに楽しかったっけ?48でハイタッチ廃止したのは大罪だと実感した。
いきなり一見の客が入って、みんなが飛び跳ねる感じだと辛いなと思いきや、皆さん行儀良く着席。よっぽどチーム8の厄介の方が性質悪い。
 
○演出
いきなり2曲披露。
当然のことながらノリが分からず大人しくすることに。でも、心配するほどコールの嵐ではなくて安心した。あっちの現場はタイガーファイヤーばっかりだけど、こっちの現場にはそれがなくて、48≠スタンダードだと痛感した。
 
終演後もメンバーがロビーで即席個別握手会。もう勢いに任せて有沙ちゃんに並んでしまおうかという衝動が一瞬脳を過ぎったけど、あの静かなロビーでヲタ連中に囲まれる中、元気すぎる有沙ちゃんの声が響くあのシチュエーション。新規の私にはやっぱりムリでした。すごすごと退散。
 
○総論。
当日券+1ドリンクで3000円は正直高いと思ったけど、終わってみたら、チーム8よりもよっぽど楽しんじゃってる自分に正直驚きを隠せなかった。終盤はトークで周りのヲタともども爆笑しちゃってる自分がいた。
 
まず、今回の私みたいな一見さんでもふらっと入れるイベントがある環境って純粋に魅力的だと思う。
48はチケセンの敷居が高すぎて、興味ある一般層を根こそぎ篩い落としてしまっていることにいい加減そろそろ気付くべき。
メンバーも魅力的だった。今日は5人だったけど、正直48よりも圧倒的にキャラが立ってて可愛い子がいるし、たった2時間で全員の顔と名前が一致できるのは素晴らしいと思う。チーム8なんて申し訳ないけど、今日出演メンバー片手で数えられる程度しか認識できてないし…(涙)。後からググって知ったことだけど、各メンバーがそれぞれ別の事務所に入ってるなんて面白いなと思った。だからかな、一部のメンバー同士がなんか余所余所しくて、微妙に距離感があるように見えたのは。
あとは、頑張って生歌で踊ってるところ。口パク耐性ゼロの私にとって、もうそれだけで拍手ですよ。
 
もったいない点と言えば、情報量の違いか。
48は圧倒的に情報量が多い。今でこそ地上波の露出も減ったけど、それでもラジオだのブログだの755だの何かと発信場所には事欠かない分、情報が枯渇することはないよね。情報の飢餓感がなんたら、ってつい最近誰かが言ってたっけ。
あとはメンバー同士のエピソードがもっと欲しい。個人的に48の一番の好きなところは、メンバー同士のエピソードで、長い時間を一緒に過ごしている分、お互いの絆も深まって、昇格や卒業、異動とか選抜といった機会のたびに感情移入させられてしまう辺りは48の秀でたところかなと。
 
何はともあれ、本店の帰りでフラっと立ち寄った自分の、48にも少しずつマンネリを感じてきていた心のポケットにふんわり入り込んできた乙女新党。2012年に開けてしまった一つ目とは違う、もう一つのパンドラの箱だったのかも。。。
とりあえず、12月の名古屋LIVEイベントは一般販売開始早々申し込みます!(爆)
posted by chinon at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKB48 team 8『会いたかった』公演

10th.JPG
 
1年ぶりの本店出向。
会いたかった公演に至っては、最後に見てからもう2年半も間が空いてしまっていた。まだ6期の大半が残ってた初々しさの残る面々だったっけ。
それだけのブランクは思い出で多分に美化されるもの。しかも本店のチーム8ともなれば、お手並み拝見といった感じで身構えてしまっていた自分。もっと素直に、純粋に楽しめる環境が必要なのかな、と次の現場を出て実感したのでした。
 
○客層
右隣の博多ヲタが開演前後で終始話しかけてきて面倒。8誰推し?なんて聞かれても知らんわ!笑
いつもの本店よりはコールが多めだったかな。8だからかな。それにしても8のコールは気色悪い。メンバー格差ありすぎ、ヲタもコールもっと頑張れ(自分はメン覚えてないんで加勢できず…)。ウッホウッホ言ったり、ガチ恋口上だったり、左隣のヲタにはさすがの私もドン引きですよ。しまいにはラストの「チーム8」アンコール。。。
 
○演出
会いたかったの衣装が制服じゃなくて動揺。
栄のときもそうだったけど、セリは結局序盤しか使わないんだよね…。
好印象だったのは、最後がWアンコールにアレンジして、MCや曲数を増やしたところ。構成やボリュームは悪くなかった。
 
○メンバー
会いたかった公演が始まってまだ間もなく、本日初演のメンも多かった模様。
初演の緊張故か、アイドルとは思えない強張った形相で踊るメンもおれば、ダンスが硬くて温すぎるメンもおったり。「涙の湘南」で脚が全く上がっていないところで大減点。中盤の「背中から抱きしめて」からの3曲はこの公演のハイライトなんだから、もうちょっとは躍動感がほしかった。
そんな中、8の前知識ゼロで臨んだ私にも伝わってくるセンター坂口渚沙ちゃんのオーラ。人気出るのも分かる。
でも佐藤七海ちゃんのほうが最初から最後のお見送りまでキラキラしててインパクトあったかな。ポジはだいぶ干されてたけど。
あと、単純にルックスで記憶に残ったのが栃木の本田仁美って子。どうやら、私と同じ真木ちゃん推しらしい。
時間できたら、この前のネ申合宿でも通しで見てみよう。。
 
その他雑感。
・以前VIPコーナーだったところにチーム8の壁掛け写真が並んでた。VIPのやつどこ行ったんだろう。。
・柱に貼られた9本のピンクテープ。間もなく10本目が貼られようとするその柱は、いつもは邪魔らしく感じるのに、今日は何故だか好意的に見られたのは何故だろう?席が中央だったから視界を遮ることが少なかったからだけだろうか。
・そんなこんなで10周年まであと16日だとか。1年後も懲りずに自分は通ってるんだろうな。3年後はどうかな?それまで存続しているのか怪しいね。
・栄も今年あと1回は参戦したい。こっちゃん生誕祭狙いです!
posted by chinon at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

Godspeed You! Black Emperor@Rockefeller Music Hall, Oslo

2013年以来の海外遠征。
 
○会場
RockefellerはOsloの中心街から歩いて15分ほど。
これまで海外で参戦してきたライブハウスはどれもこじんまりしているところだったが、今回は大御所とあってそれなりのしっかりした規模の会場だった。キャパ公称1300人で1、2階に分かれているライブハウスがほぼほぼ埋まっていた。
 
ライブ中のノルウェー人は日本人に近い。大きく騒ぐこともなければ体を揺らすこともなく、静かに持ち場で曲に合わせてリズムをとる感じ。ってか曲調がそんなだからか!笑
アルコールが本当に高い!ライブハウスの中のカウンターの金額は日本の倍以上。勿論、今迄参戦したどこよりも高額。余りにも高くて、2杯目を自重してしまった。
 
○演出
20時からと書いてあったが、ホテルで小休憩してたらそんな時間。慌てて会場に向かったが、20時半くらいでも中から音が漏れ聞こえてこない。ひと安心して定位置を確保する。
21時から前座。ソロの女性アーティストが30分ほどEDMの曲調に合わせて歌をうたっていた。
 
メインのGodspeed You Black Emperor!は22時からのご登場。
ラストのアンコールはなく、ちょうど日が変わるまでの正味2時間だったが、ベテランの円熟味が伝わってくる安定感のあるパフォーマンスだった。しかし、今回もまた予習不足が響いた。耳慣れない爆音の連続とスクリーンに映し出される映像と疲労が相まって集中力が途切れ、立ちながらも意識が飛びそうになった。しかも途中で珍しく貧血気味でシンドかったので、途中2曲くらいは大人しく座って聴くことにした。そう言えば、数年前にAntwerpに行ったときは、2組目のバンドのときは1組目のメンバーと一緒に最前列で座って飲みながら聴いてたっけ。あの環境最高だったな。
 
結局のところ、部分的には好きな雰囲気なのだけど、トータルすると自分の耳にジャストフィットする音ではなかったということ。自分好みの音って、自分のことながらなかなか見つけられなくて困る。。
来年は誰がツアーしてくれるんだろう。期待に胸を膨らませつつ、、、
 
PS
・日本の真冬装備で固めて行ったら、暑いのなんの。海流の影響でか、思ったよりも冷えず、雨もパラパラ降る程度で(誰も傘なんてさしてない)過ごしやすい天候だった。
・オフシーズンなので観光地至るところ人が少なくて快適快適。逆にハイシーズンの夏場にもなると、人で溢れかえるのだろう。フィヨルド観光は10月までと謳われていて、実際アクセスできないところも多くなってしまうのだけど、Sogne Fjordは年中アクセスできるし、紅葉の季節のフィヨルド観光もなかなか趣あって楽しめた。
・滞在中も飲み食いがどこも日本のゆうに倍以上で、しかもサンドイッチばかりなのは本当に閉口した。
posted by chinon at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

SKE48 team K2『ラムネの飲み方』公演

151027hw.JPG
 
10月二度めのラムネ。
立ち見最後列で視界は不良。
 
今日もこっちゃんに専念して追ってみたが、最早正規メンよりもよっぽど目立つパフォーマンス。髪を振り乱して踊る様は、何だか昔の玲奈ちゃんを忍ばせる感じ。その頃の玲奈ちゃんよりずっと踊れてるけど(苦笑)。今はまだ全体曲のみの参加だけど、ユニット出られるようになるまでそれほど時間要さないかな。
ただし、 MCはまだ置物状態。周りの先輩がドンドンいじって欲しい〜!
 
その他雑感。
・今日も安定のキャン待ち対外。今日仕入れた情報によれば、キャン待ち希望で申し込めば2週に一度くらいは他の人も当たってる模様。座席が恋しい今日この頃だが、かと言って当選頻度が減ってしまうのも寂しい。次はまたpartyにしようかな〜。
・宿直明けの夜公演。後半は意識朦朧で申し訳ないことにMCろくに頭に残ってない。着席だったら確実に寝てメンに怒られてた。。
posted by chinon at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする