2017年02月28日

SKE48 team S『重ねた足跡』公演(野口由芽最終公演)

170228yumechi.JPG
 
ゆめち卒公に立ち会ってきました。98中にひたすら感謝!
 
◯公演
これまでで参戦した中で1番コールが大きかった。卒公だからかな?負けじと自分も最後まで声の限りゆめちコール。
真後ろのヲタが序盤からボリュームマックスで叫び続けてて耳が痛くなったがそんな勢いも続く訳もなく、案の定、後半は沈黙しててワロタ。
 
◯メンバー
卒公でセンターのゆめちを見納めできて良かった。激しさではなく、丁寧さ。強さではなく、熱さ。そんなゆめちのDNAを引き継ぐのは誰か?
6期の3人がフロントで並んだ「強がり時計」でいきなり目頭が熱くなった。
何を隠そう、今日1番泣きそうになったポイントは一色ちゃんがダンス曲メドレーで「Escape」に「Darkness」にと踊ってる姿。まだまだパフォーマンスに必死で表情に余裕が全くなかったけれど、いつぞやのスタイルプラスの特集の延長線上で見るに、努力は裏切らない!アンコール明けは出れてなかったから、全曲は間に合ってないギリギリの状態だったのかな?次は全曲通してなお余裕あるれなひゅーを見てみたい。
 
◯セレモニー
「コスモスの記憶」のイントロで驚いた。本当に久しぶりに聞いた。歌詞聞いてたら泣ける曲だった。
元古参ヲタのまりんちゃんが花束係で出てきたのは胸熱だったが、緊張でガチガチだったのが笑いを誘った。やったね!
手紙は意外にもかおたんから。玲音名からの手紙だったら、自分絶対泣いてたわ。。でもセレモニーから出演の玲音名が弾けるような笑顔を見せていたのが余計に印象深くて胸に響いた。
ゆめちのスピーチは堂々清々としていて、涙なしで最後まで聴き通すことができた(周りはちょこちょこ拭ってるヲタいたけど)。これだけ凛々しい表情を見たら、無事成仏できそうです。
 
その他雑感。
・ゆめちを推しだしたのはいつからだったかな。モバメも古いの消えちゃったけど、2014年の生誕Tあるってことはそのくらいかな。総選挙とかリクアワはちょこちょこ入れた記憶はあるけど、結局握手一回もせず終いだった。今回や去年までの生誕祭お見送りのリアクション見るに認知はしてもらってたと信じてるけど、これって推してたうちに入ってんのかな?応援の形は人それぞれとは言うけれど、もうちょっとコミュニケーション取りたかったな。
・「放課後レース」のMIX出だしどう考えても改悪でしょ。
・公演後は生写真購入でCAFE出遅れてしまい入店は泣く泣く断念。ラキクラ待機が50人以上、どりー民に混じって最後の姿を拝めてもう悔いなし。
・お見送りはわんちゃんの声が劇場中に響き渡ってた。副リーダー頑張ってねと伝えられました。ってか、2日前に卒業したばかりのみきてぃが普通にお見送りいて笑った。
・泣きそうなのを必死でこらえてる優月が愛おし過ぎて、、、K2は推したいメンバーが多くて辛い。とりあえず、空いた二推し枠は空席にしま()。
・2月公演3回は流石にお腹いっぱい。流石にもうフェスティバル公演行かないとヤバイですよねー
posted by chinon at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

Explosions in the sky@名古屋クアトロ

Explosions in the skyのlive参戦はこれで3度目。名古屋で彼らの音を体感できる幸せを噛み締めながらの至福の時間でした。あゝ幸せ。
 
◯会場
2年ぶりの名古屋クアトロ。
今までの参戦で1番スペース空いてたな。窮屈で周り気にしながら聞く環境に比べたら自分のペースで聞けるのはこの上ない贅沢なことなのだが、日本での知名度はまだまだなのか。
にしても、昨年の9月はNYのデカイ箱、今回はクアトロと大小参戦してみると、こんなこじんまりしたとこで彼らのLIVEをやるなんて勿体ない!
 
◯セットリスト
仕事が終わらず退社時点で遅刻確定。高速を飛ばすも事故渋滞で涙目。30分遅れの20時過ぎに到着。入って早々聞き覚えのあるサウンドが耳に入って来て、出だし数曲逃してしまったことに凹んだ。
 
時間的に21時を過ぎてた頃に一瞬照明が落ちて終演を覚悟したら、すぐさま「Your Hand in Mine」のイントロが聞こえてきて安堵した。
ラストもお決まりの「The Only Moment We Were Alone」。ベースを叩く音に始まるギターの流麗なリフレインに最後まで酔いしれた。21:20に終演。新譜からの披露は僅かで、旧譜の人気曲がメインだった。彼らのセットは90分で固定のはずだから、定刻から20分遅れだったのかな?自分が聞き逃したのは冒頭の1曲のみだった模様。
 
CD音源も勿論素晴らしいのだが、彼らのLIVEは何度聞いても飽きることがなく、毎回新鮮な気持ちで浸ることができる。ポストロックに馴染みのない人にも胸を張ってオススメ出来る、最高のLIVEアーティスト。帰り道早くも次のLIVE参戦計画したくなってきた。
posted by chinon at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

SKE48 team K2『0start』公演(昼)

2月2回目の公演。あいかわらずのキャン待ちも、予想以上に繰り上げ当選。
前回のゆなな生誕は立ち見で全体見れなかったし、自分も疲れててコンディション悪かったのに対して、今回は5列目でゆったり参戦できて良かった。
 
◯メンバー
ちゅりとなおちゃん、かおたん不在の代わりにあやめろ、愛理、由麻奈の0startが見れて個人的にはオイシイ昼公演だった。
推し補正を含めても、紗莉渚のパフォーマンスが圧倒的に1番だった。これまで全くと言っていいくらい彼女に興味なかった自分でも、全体曲ですら、ゆななそっちのけで見とれちゃうくらい。推し問わずのレス飛ばしには思わず心が揺らぎかけた。
昇格後初めて愛理の公演を見たが、以前よりもずっと安定感あるパフォーマンスになっていた。でも、時々スイッチがOFFになるタイミングがあるのか、表情が無になってる曲がチラホラ。
ゆななはセンターポジが似合う。とにかく破顔の元気一杯パフォーマンスはキラキラすぎて眩しかった。注文つけるとすれば、「ホワイトデーには」の演技がただ可愛いだけだったから、もうちょい頑張ってほしいかな?
 
その他雑感
・相変わらずお見送りでみこってぃが絡んでくれたんで、「ハートの独占権良かったよ!」と返しときました笑
・次は火曜のゆめち卒公。中2日の参戦は初めてかな?涙ちょちょ切れるくらいコールしてきます!
・帰りの8番出口で研究生の渥美さんに遭遇。素過ぎてヲタすれ違っても気づかれないんじゃ、、、
・公演後にESCAのお渡し会に寄ってみたけど、引渡し券終了で買えず。最後のご挨拶は無銭でもちょこっと拝めたんで良しとするか。
posted by chinon at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

さくらシンデレラ@名古屋アイドルステージ

遂に、意を決して名古屋アイドルステージに初上陸。
馴染んでしまえば居心地も悪くない空間。それだけ免疫も歳とともに落ちてるってことか。
 
○劇場
ビックカメラ のすぐ脇。一見さんには高い敷居も、飲んだ勢いと同朋がいれば何のその。
入り口で入場料1kを払うんだけど、まずコースが分からない!頼めるドリンクの種類も案内ないから分からん!!受付のegg?の子に今まで経験したことの無いレベルの大塩を撒かれて、出だしから不安を駆り立てられた。
取り敢えず、何とか席を確保。19時からの2ステはかなり埋まってた。50人くらいかな?対して、3ステージはホールの後ろが空いて余裕ができてた。
常連が多いのか、メンバー(システムが不明なので、メンバーかどうかすら判断できない)と楽しげに話し込んでる。。
 
○演出
2ステージは正規メンバーが2人、研究生が3人。曲はどれもナナちゃん人形前かZeppで耳にしてるものだったけど、やっぱりクオリティーは相当高かった。
ノリで延長して3ステージも見ることに。披露してた楽曲は2、3ステージで被ってなくて◎。
以前ナナちゃん人形前でも目立ってた榎るかちゃんが3ステージから参戦。長身を生かしたダンスがカッコよくて、3ステージはずっと見とれてしまった。
 
○その他雑感
・研究生のきあらちゃんが覚えてくださいアピール必死で健気さについついニンマリ、、これ買ってくださいされてたら喜んで金払ってたわあぶないあぶない。。
・帰宅してからHP見てみたら一応Cafeという名前通り、ドリンクだけじゃなくても食事系も一通り揃ってて草。フードメニューなんてどこ見回してもなかったし、食べてるやつなんて誰もいなかったぞ?
・超絶塩対応の受付の子がステージでアイドル笑顔振りまいてるのを見ると、アイドルって裏表出さないようにするのって相当な努力がいるんだなと実感させられた。いつも見慣れてる栄は本当のプロなんだな。
・新規にとっちゃこのくらいの人数が覚えやすくていいんだけど(言っときながら、半分も覚えられてないけど)、古参にとってこの規模は如何なものか?アキバ、新宿と懐広げすぎるあまり、本拠地がおろそかになっていないか?それって、どこぞやのグループが何年も前に経験したジレンマじゃなかったか?
posted by chinon at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SKE48 team T『PARTYが始まるよ』公演(昼)

170205t.JPG170205t.JPG
今年の初劇場はParty公演から。去年の初劇場は4月のゆめち生誕だったから、幸先は良いほうかもしれない。
 
○公演
Party公演は2015年の愛理生誕以来。当時の7D2はほぼ昇格し、8期が入ってきたから、ほぼ別モノ。
あなクリを飛ばしてEN増やすというチョイスはアリだと思った。コンセプトに合わないメンバーが着せ物で歌ってても、そこだけ浮いて全体構成崩れるだけ。
反対に、スタンドマイクでのMCが見れなくなったのは惜しかった。身長低いメンバーがスタンドの長さの調節するとこが好きだったのに。
 
○メンバー
総じて、7D2よりも初期のPartyの完成度としては8期のほうが高かったのは事実。でも、もっと初々しさがあってもよかったなという思いも事実。伸び代を感じない、と言ったら言いすぎか。
地元でローカルアイドルやってたのかな?ってくらい、素人っぽさがないし、枠にはまっちゃってる。センターの瑠夏ちゃんや前評判の高い実代まるが特にそう。栄といっても研究生なんだから、もっと自分を表現してもいいのに、と物足りなさを感じた。
毎日自主レッスン頑張ってるメールくれるあんたんみたいなベンチスタートの8期にとって、このレベルを超えてかないと出れないというのは相当なハードルだろう。7期の三人も残念ながら外仕事はそう望めるものでもないから、ごくごく狭い枠を大勢の8期で争わなきゃいけない。
7期の三人は昇格から一歩遅れちゃった組だけど、以前に比べて人が変わったようにパフォーマンスが向上してて、素直に感動した。そして、MCでほののがツッコミ役に回ってる姿にも成長を感じた。
表情は真凛ちゃんがダントツで良かった。クールな曲とアイドル笑顔の使い分けは天性。しかし、喋ってる声が775ボイスにしか聞こえず頭が痛い。。
ちなみに、今回は理系女子のカホリウムこと佳穂ちゃんのサイを振ってみた。「チョコの奴隷」はセンター。ダンスのバタバタ感が個人的にツボでした。
 
その他雑感。
・いつからか研究生公演は公式でメンバー表配られるようになったのね。メンバー覚えきれてない自分にはありがたい。
・撮って出し写真はいつものキャン待ちより番号前だった分は待ち短縮されたけど、相変わらず非効率オペレーション。そもそも写真ごとき買うのに何で並ばなあかんの?写真のために待機列作らされる虚しさよ。
・次は2/28のS公演に98中を投げます。
・あとがき。この日貰ったインフルでえらい目にあいました。メンバーから貰ったと思い込みたいと磁路だが、確率的に大多数のヲタから移った可能性大。さデラまで浮気しちゃった天罰か…トホホ
posted by chinon at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年参戦履歴

◆SKE関連
1/1 2016年SKE48福袋
手元に残ったのは2枚の真那ステッカー。。。
1/16 「前のめり」全国握手会@ポートメッセu
全てのレーンが最後まで滑走路になることなく激混み。シングル2枚同時開催、関西勢も遠征とは言え、これだけのヲタが栄にいることにちょっと安心した。きょんちゃんとの最後の挨拶できてよかった。今日いち手が温かった。記念撮影でモロに晒されてます(苦笑
2/22 『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』
あーぽんのための2時間だった笑。最近は劇場でもコールめっちゃ大きいから極めて順当だけど、大勢のメンバーが全く映らないこの映画は難波のドキュメンタリーと称して良いものか?
6/25 第16回SAKAEクリーン大作戦 with SKE48
初めてのクリーン大作戦参戦。まきこに「そこ落ちてる!はい、拾って!!」などと指図されて、ゴミをおーちゃんと音葉と拾うだけの1時間。300人くらいのヲタが朝の伏見と栄を徘徊する様はただただ異様だった。
8/23 美浜海遊祭
8/27 「チキンLINE」全国写真会@ポートメッセ名古屋
写メ会初参戦。さくシン浮気した所為で最後の部しか参戦できず、ゆなな真木子の2枚で終了。ゆななは結局休憩除いてちょうど1時間待ちでした。最後にあやちゃんと握手しときたかったなあ。
 
◆その他
8/27 さくらシンデレラ ナナちゃん人形前LIVE
8/27 さくらシンデレラ ナナちゃん人形前LIVE
前回よりも雄たけびあげたり、マサイしてる厄介が増えた。無料だと厄介ホイホイなのかな?上手の子がめっちゃレスくれたんだが、西野結菜ちゃんかな?HPの宣材写真みんな映り悪すぎて、実物からリサーチ難すぎて草。最後のこはるちゃんのハイタッチ好き笑
 
=====
以下、総括と雑感。
・今年のベストLIVEはSigur Rosで決まり。Vancouverまで行ったけど、このバンドがやっぱり一番好きなんだと改めて実感させられた。アイスランドの地で聞けることを次の目標にしよう。
・48系はモチベ低下が顕著すぎ。今年も推し(3人)の生誕入れたのはラッキーだったが、劇場投げる回数も減ったし、大小コンサートも盛り上がれない自分がいた。選抜総選挙もCD購入ゼロ。そろそろ潮時なんかね。
・年末になって、ひめキュンに新たなエネルギーをもらった気がする。松山まで頻繁に追っかける程の気力はないけれど、名古屋来るたびに顔出そうかな、ってくらいには気になりだしてる。
posted by chinon at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

ひめキュン蝦夷乃無頼缶@松山サロンキティ

久し振りのひめキュン現場参戦。何と!4年も前でした。
前回は偶然遭遇しただけだから、実質的にひめキュン現場へ能動的に参戦するのは初めて。
ベテランバンド怒髪天の3人とコラボしたひめキュン蝦夷乃無頼缶として回って来た全国ツアーのファイナルを飾る最高のパフォーマンスでした。
 
〇会場
松山サロンキティは繁華街からちょっとだけ離れた河沿いにあるこじんまりしたLIVEハウス。公称キャパ300人に対して後ろまでいっぱいだったから、充分集客できてることになるのかな?アイドルヲタっぽい顔ぶれが当然目立つ一方で、自分より上の世代の女性ファンの割合が他現場よりも異常に多かった。ひめキュンファン特有の状況なのか、、、?
もっと衝撃だったのが、サイが完全に排除されていたこと。持ってったサイ出さないでおいて良かったあ〜。
 
〇演出
生バンドを携えての2時間は月並みなアイドル系LIVEとは明らかに一線を画し、生歌で構成するガチンコ実力勝負のパフォーマンスは見る側も晴れ晴れとする出来だった。それを象徴するかのように、会場の熱気も早いタイミングで最高潮に達していた。自分はというと、暫くは聞き覚えのない曲が続いて宙ぶらりんな感覚だったけれど、途中から何となく聞き覚えのある曲がチラホラ出て来て、テンションも一気に上がってきた。口パクか被せ程度に全く抵抗感ない程度にヲタ脳化してる自分にはあまりにも新鮮すぎたし、曲把握してなくても終わってからの充実感が半端なかった。
怒髪天のカバーとか提供曲は低めのトーンだったけど、大半のオリジナルの曲は高めになっていて、同じような曲調ばかりでないのも良かった。怒髪天の3人が控えめ(完全にバックバンドと化してしまっていた)なのも良かった。
キャピキャピアイドルしてるのを求めてるヲタの需要とは違いのだろうけど、少なくとも長くこの世界で生き残って行く上での進化の過程だと自分は確信した。
 
〇メンバー
終わってから調べたんだけど今日いるメンバー5人は全員とも4年前には活動していた子たちだった。アイドル戦国時代を生き残って来ただけあって、並大抵のスキルではないし、ダンスと歌と両方に全力になってる姿は本当にかっこよかった。
中でも、二大巨塔の真友里ちゃんと結里亜ちゃんが両側に並ぶフォーメーションがバランス取れてて最高。真友里ちゃんは長身スタイル抜群なルックスからは想像できない激しくも丁寧なダンスがお見事です、終始見とれてしまった。暫定ですが、推しメンとしてチェックしていきます!
 
その他雑感。
・松山は瀬戸内の魚が美味い!安い!気候も温暖だし、、 あ、今回温泉入ってなかった。。
・松山の商店街で広告にひめキュンメンバー起用されてたり、飲みに行ったお店でもひめキュンメンバーの知名度そこそこあったりで、地元に密着した活動ってこういうこと言うのかなと妙に感慨深くなってしまった(路面オフィシャルショップは閉鎖しちゃったみたいだけど…)。5人という構成も個々の特徴出せてよい人数だよね。栄にも学ぶべきところは多いかと。
posted by chinon at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

SKE48 team K2『0start』公演(小畑優奈生誕祭)

161220yunana.JPG
 
超久し振りの栄劇場。
何とか年内に滑り込み参戦できてよかった。
ひたすらゆななを愛でる2時間だった。
 
〇劇場
安定のキャン待ちだけど、意外と繰り上げが進んで10人くらい。
生誕祭だけあって、立ち見中心にコールは大きかったけれど、現場自体もご無沙汰だった自分は最初から暫くマトモにコールの声が出なかった。
一点苦言。例の「なーおーちゃん」、今日も披露されました。周りのヲタも「うわ〜、また言っちゃったよ」的な不穏な雰囲気が劇場を襲った。一瞬、なおちゃんの顔が歪んだ(気がした)。
 
〇セットリスト
RESETは48の中でも大好きなセットリストだけに、正直ユニット曲は違和感が拭えなかったし、他店の曲だからかもしれんけど中休み感が出てるようにも感じた。
オマケに睡眠不足とあって、ユニットの「君について」辺りで強烈な睡魔が襲ってきた。立ち見じゃなかったらこっくりいってたかも。。
 
〇演出
K2のメンも猫可愛がり状態になるのも頷けるゆななの天使感。一時期迷走しかけてた髪型もようやく安定しつつあるようで、可愛らしさはもはやSKEの希望の光。なのに、ダンスも(上手というわけではないかもしれんけど)一生懸命で、髪を振り乱しながら踊る様は、サイ握ってる手に思わず力がこもるほどの愛おしさだった。
生誕祭のスピーチも15歳になったばかりとは思えないくらいしっかりしてたし、ゆららでセンターを飾るそう遠くないであろう未来が霞んで見えて、思わず目頭まで熱くなってる自分でした。
 
その他雑感。
・るかちゃんのターンがキレイなのと、こっちゃんの髪型が可愛らしかったのと、ゆづきのお見送りがイイ子だったのと、生誕祭じゃなくても最初から最後まで純粋に楽しめるk2はいいな。
・前よりも撮って出し販売遅かった。一人で切り盛り、しかも写真のサイズや種類増やしてそれじゃ無理だって。本店方式の途中で撮影する形式に一刻も早く変更してほしい(毎回要望してるのだけど)。
・さすがに次はフェスティバル公演に入らないと、そろそろ推し失格になりそう。。
posted by chinon at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

65daysofstatic@梅田Shangri-La

生の65は3年前のStuttgartぶり。LIVEの安定っぷりは健在、CDとは全く違うそのサウンドはいつ聴いても飽きることなく身を任せられる。爽快感満点の90分だった。
 
〇会場
開演が19:30と遅く、前座+65のセットだったら確実に終電乗り過ごすと見込んで車で大阪へ。
結果的には、前座なし、90分1セットで21時には終演だった。
梅田と名前がありつつも、梅田からは再開発中の広大なスペースを迂回して20分くらい離れた寂しい立地。
キャパは300人くらいだけど、まだ余裕はあったから、200人ちょいしか入ってなかったのかも。65でも大阪で集客に苦労することを考えると、名古屋再来の難しさも実感せざるを得なかった。
 
〇演出
65をLIVEで見るのはもう4回目なので、いままでよりも落ち着いて全員の動きを観察しながら世界に浸ることができた。ギターのJoeがいつになく上機嫌で演奏中も暇さえあれば身振り手振りでパフォーマンスしてる姿が印象的だった。
『NO MAN'S SKY』の予習はそこそこに出向いたわけだけど、やっぱり新譜よりも往年のピアノを絡めた曲がフロアを熱くする。最近の曲はメロディラインが薄くて、起伏も総じてない平坦な曲が多いから、轟音も活きてこない。
アンコールあけ2曲目で「Debutance」のイントロが来た瞬間が自分の中での今日一番の盛り上がり。このタイミングだったら、アウトロで待望の「Tiger Girl」が拝めると胸が沸き立った。が、まさかの終演。「Tiger Girl」は封印?LIVEで一番盛り上がるのはこの曲なのに!
 
その他雑感。
・今更ながら、2010年のメタモルフォーゼの豪華っぷりに感嘆。自分も年くったけど、あの雰囲気の、あの規模のフェスだったら、まだまだ行ける気がするし、ぜひ再開してほしい。
・終演後のサイン会は並んで帰りが遅くなるかと思い横目で見つつ帰ったが、やっぱり並んどきゃよかったかな…ちょっと後悔(汗
posted by chinon at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

みんなが主役!SKE48 59人のソロコンサート 〜未来のセンターは誰だ?〜(夜公演)

〇会場
10列目ほぼセンター、視界良好距離至近で◎。だけど、昨日の夜公演は客席にプレゼント投げる演出が多かったのに、今日の夜公演は1つもなかった!
相変わらずサイチェンジついていけなかったけど、優秀なヲタが色コールで先導してくれて助けられた。
 
〇演出
MVPは断トツで珠理奈。ドラマ撮影とかで忙しいだろうに、ダンサーと上手く絡みを合わせて来る辺りは流石の一言。まぁ、生歌ではなかったけど、有無を言わせぬ圧巻のパフォーマンスで、他のメンバーが霞むくらい。久しぶりにSKEで鳥肌立った。
時点で紗莉渚。ミュージカル仕立ての演出、声量も充分で本気でそっちの道を目指してるのが伝わって来たし、今の人気ならヲタ引っ張っていけそうな気もした。
ゆななの7曲メドレーも一生懸命さと曲のバラエティーでお腹いっぱい。最初の衣装が着ぶくれでパンパンになってたのと、おいシャンのサビを一人で振り入れてる姿がシュールで、思わずニヤケてしまった。昔の弾ける笑顔が見れなくなったのは寂しいかな。
真木子結構ウケたけど、これ真木子じゃなくてもウケるよしもとの鉄板ネタじゃね?
ゆうかたんがきのこバターソテー炒め始めた時に思わずドン引きしてしまった。炒めてる間の劇場に漂う臭気が空腹を誘う。ってか、劇場で火気オッケーっだったの?
コールが1番大きかったのはれなひゅーかな。玲奈曲で合わせて来るエピソードも相まって、ヲタもヒートアップ。変えたばかりのサイ紫一本はほとんど浸透してなかったよ。。
みきてぃのYAKABANDは頑張ってるの伝わって来たけど、会場の音響がマッチしてなくて、ボーカルが他の楽器に完全にかき消されてた。ライブハウスとかでやったら、カッコ良かったんだろうな。。
 
そのほか雑感。
・アンコール明けの久しぶりの研究生昇格。順当といえばそれまでなのだけど、今回昇格できなかったメンバー、特になるぴー周りの先輩の優しさが胸に響いて思わず泣きそうになった(苦笑)。なるぴーは今回の悔しさをバネに、これからの8期生加えた研究生を引っ張っていってほしい。
・いろんな演出と曲を聞かされて、改めて感じた栄の個々の力。卒業しても普通に通用しそうな子がチラホラいるこのメンバーたちの将来は明るい。最近ヲタ活動がライト化してて今回も始まるまで正直あまりテンション上がらなかった自分でもなんだかんだ楽しめた一方で、やっぱりリクアワが見たかったなと。3年連続リクアワ見てる自分としては、次のリクアワがそもそもあるのか気になるちゃん。
posted by chinon at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする